「中条長秀」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
誤字ではなかったので戻しました。すみません。
m (誤字訂正)
(誤字ではなかったので戻しました。すみません。)
 
}}
 
'''中条 長秀'''(ちゅうじょう ながひで)は[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の人。[[三河国|三河]][[挙母城]]主。[[剣術]][[流派]]・[[中条流]]法の創始者であり、室町幕府で[[伊賀国|伊賀]][[守護|守護職]]、[[恩賞方]]、[[寺社奉行|寺社造営奉行]]、評定衆などを歴任した<ref>[[#綿谷雪2013|綿谷雪 2013]] p.81</ref>。[[足利義満]]の剣術指南役を務めた剣豪としても知られる<ref>[[#綿谷雪2013|綿谷雪 2013]] p.81</ref>。
 
== 生涯 ==
377

回編集

案内メニュー