「令和元年房総半島台風」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
m (→‎産業への影響: 誤字直し)
 
; 農林水産業
農林水産省がまとめた11月6日現在の農林水産物関係の被害状況によると、ガラス温室、ビニールハウス、畜舎等の農業用施設の倒壊等による被害が多く、被害額は全国で304億6千万円、被害地域は主に福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡の8都県となっている。また、農作物や家畜、畜産物等の被害はおよそ137億円となっている。<ref>{{Cite web|title=令和元年台風第15号に係る被害状況|url=http://www.maff.go.jp/j/saigai/typhoon/r10907_09/index.html|publisher=農林水産省|date=2019-11-6|accessdate=2019-11-9}}</ref>特に暴風の影響を強く受けた千葉県と茨城県の被害が多く、千葉県の農業用施設の被害は207億円あまり<ref>「台風15号の農林水産被害 被害額367億円に」『日刊建設タイムズ』2019年9月30日付、第4面</ref>、茨城県は同44億6千万円あまり<ref>{{Cite web|title=台風第15号による農作物等被害状況の確定について|url=https://www.agrinews.co.jp/p48906.html|date=2019-10-2|accessdate=2019-11-9}}</ref>あまりとなっている。
 
『[[日本農業新聞]]』は紙面で千葉県[[旭市]]や茨城県[[鉾田市]]の被害状況を紹介し、倒壊した施設の片付け費用が農家の大きな負担となること、施設を撤去したり再建したりする人手が不足しており、翌年収穫したい作物の作付けに影響が及ぶ可能性があること、自治体が大量に発生した廃プラスチックを災害ごみとして受け入れる余力がないこと、高齢の営農者のなかにはハウスを諦める人が出てきていることなどを問題として取り上げている<ref>{{Cite web|title=茨城被害60億円 台風15号禍 四半世紀で最大 野菜王国苦境…「支援早く」|url=https://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/nougi/gijutsu/documents/191001taihu15goukakuhou.pdf|date=2019-10-10|accessdate=2019-11-9}}{{Cite web|title=茨城被害60億円 台風15号禍 四半世紀で最大 野菜王国苦境…「支援早く」|url=https://www.agrinews.co.jp/p48957.html|date=2019-10-5|accessdate=2019-11-9}}</ref>。

案内メニュー