「関数型言語」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
関数型プログラミングに含まれる関数型言語の定義を正しい節へ移動して修正
(手続き型プログラミングを命令型プログラミングに修正、命令型プログラミングの詳しい定義を追加)
(関数型プログラミングに含まれる関数型言語の定義を正しい節へ移動して修正)
 
== 関数型プログラミング ==
広く認められた関数型プログラミングの正確な定義は存在しない。したって関数型言語の定義も明確ではない。関数型プログラミングと呼ばれるパラダイムは[[命令型プログラミング]]と比較してプログラムに対する見方が次のように異なる<ref name="faq">{{cite web|url=http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/faq.html|title=Frequently Asked Questions for comp.lang.functional|accessdate=May 14, 2015}}</ref>。
 
*[[命令型プログラミング]]: プログラムは計算機の内部状態を変更する命令実行の列<ref>計算モデル1 状態モデル. 計算とは、計算機の内部状態を変えてゆくもの。(中略) 状態モデルに基づくプログラミング言語. 命令型言語. (中略) 状態を変えるための命令手順書の形式. [http://nous.web.nitech.ac.jp/individual/inuzuka/lecture/PLT/PLT07/ 犬塚信博 (2007)「プログラミング言語論 第1回 イントロダクション」名古屋工業大学]</ref>
 
== 概要 ==
<!--関数型プログラミングではプログラムの構成にC言語のように関数を多用する<ref>The C language is purely functional http://conal.net/blog/posts/the-c-language-is-purely-functional</ref>。[[Wikipedia:検証可能性#通常は信頼できないとされる情報源]]-->関数型プログラミング(パラダイム)に合意された定義がないことと同じく、広く認められた関数型言語の正確な定義は存在しない。関数型プログラミングでは関数を[[第一級オブジェクト]]として扱う。理論的な計算モデルとして第一級オブジェクトとしての関数を扱える[[ラムダ計算]]や[[項書き換え]]を採用している。
 
コンピュータプログラムは通例入力を受け取って何らかの処理を行ない、出力を返すことを目的として書かれる。数学の関数<math>y = f(x)</math>において、<math>x</math>を入力、<math>y</math>を出力と考えると、コンピュータプログラムはある種の関数であると考えることができる。ここで、入力や出力は記憶装置中のファイルのようなものばかりではなく、キーボードや[[ポインティングデバイス]]によってユーザーから与えられる情報や、画面への表示といった入出力形態も考えられる。関数型プログラミングにおいては実際にそれらを扱う関数としてモデル化する。

案内メニュー