コンテンツにスキップ

「春宮坊」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''春宮坊'''(とうぐうぼう、みこのみやのつかさ)は日本古代の[[律令制]]において存在し、皇太子の御所の内政を掌った機関。和訓は「みこのみやのつかさ」である
 
== 職掌 ==
春宮坊の職掌は[[皇太子]]の家政一般である。この機関は[[唐]]における皇太子の家政機関'''春坊'''を模倣したものである。唐制では皇太子関係の諸機関は半ば独立して一つの[[朝廷]]を形作っていたことから、春宮坊も形式的には諸官庁から独立している。ただし、実際は[[太政官]]の強い管理下におかれていた。
 
皇太子の家政は実際には春宮坊管下の諸機関によって行われる。諸機関は以下の通り。
 
*大属([[正八位|正八位下]]相当)一名 少属([[従八位|従八位上]]相当)二名
 
*史生 [[平安時代]](延喜式)に新設 四名
*坊掌 平安時代(弘仁6年)に新設 二名
 
*使部 三十名
*直丁 三人名
*そのほかに、平安中期以降、蔵人、非蔵人、雑色、出納、女蔵人、宣旨などが置かれた。
 
*使部
*直丁
== 参考文献 ==
* {{ Citation | 和書
475

回編集