「ニコラ・テスラ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[1884年]]、渡米して[[トーマス・エジソン|エジソン]]のエジソン電灯会社に採用される。当時[[直流]]による電力事業を展開する社内で[[交流]]による電力事業を提案し、エジソンと対立して数ヶ月で失職する。
 
[[1887年]]4月、独立したテスラは {{Lang|en|Tesla Electric Light Company}}(テスラ電灯社)を設立し、独自に交流による電力事業を推進して同年10月に交流電源システムの特許を受諾される{{要典|date=2017年5月}}願<ref>[新戸 雅章 『超人ニコラ・テスラ』筑摩書房 p.102 1993]</ref>する
 
[[1888年]]5月16日、アメリカ電子工学学会でデモンストレーションを行い、感銘した[[ジョージ・ウェスティングハウス]]から研究費100万[[アメリカ合衆国ドル|米ドル]]と特許使用料を提供される。テスラの特許を使用した交流[[発電機]]は、[[ウェスティングハウス・エレクトリック]]社{{仮リンク|ベンジャミン・G・ランム|en|Benjamin G. Lamme}}の設計で、[[ナイアガラの滝]]{{仮リンク|エドワード・ディーン・アダムズ発電所|en|Adams Power Plant Transformer House}}に[[三相交流]]25[[ヘルツ|サイクル]]のものが設置された。テスラは同年に循環磁界を発見して超高周波発生器を開発するが、ウェスティングハウス社技術陣の中で孤立して1年で離れる。
73

回編集

案内メニュー