「喫水」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[File:Draft scale at the ship bow (PIC00110).jpg|thumb|艦首にある喫水目盛]]
[[File:Escala metrica calado.JPG|thumb|240px|測定目盛]]
'''喫水'''または'''吃水'''(きっすい、{{lang-en-us|draft}}、{{Lang-en-gb|draught}})とは、[[船舶]]が[[水上]]にある際に[[船体]]が沈む[[深さ]]、すなわち船体の一番下から[[水面]]までの[[垂直]][[距離]]のことである。
 
== 概要 ==
喫水は船舶の浮き沈みの程度を表し、船舶の積荷、湾岸での安全な航行を確保する上で重要な指標である。このため、湾岸や[[運河]]では潮の高さによって入出港が可能な喫水制限(許容喫水)が設けられる。
水面に接する[[分界線]]のことを'''喫水線'''(きっすいせん、吃水線)という。船の積み荷を増やすと喫水は深くなり喫水線も上昇するが、その分[[沈没]]する[[危険性]]が高まるため、船に載せられる[[積荷]]の[[限界]]を記した'''満載喫水線'''(まんさいきっすいせん、満載吃水線)が船体中央部の両舷に表示されてる。水域施設、係留施設等の港湾施設における岸壁水深に大きく左右され、後から増深することが難しくなる<ref name="no13-02.pdf" />。よって積載能力の大型化に伴って船舶の喫水は深くなり、湾岸設備の水深も寄港する船の喫水データに従って設計される
通常わかりやすい様に[[船首]]や[[船尾]]に[[メートル法]]か[[ヤードポンド法]]で高さを表示する。
 
水域施設、係留施設等の港湾施設における岸壁水深に大きく左右され、後から増深することが難しくなる<ref name="no13-02.pdf" />。よって積載能力の大型化に伴って船舶の喫水は深くなり、湾岸設備の水深も寄港する船の喫水データに従って設計される。
 
== 標識 ==
[[File:Draft scale at the ship bow (PIC00110).jpg|thumb|ドラフトマーク(艦首にある喫水目盛]]
[[File:Escala metrica calado.JPG|thumb|240px|測定目盛]]
満載喫水線を示す'''満載喫水線標識'''は船体中央部の両舷に表示されている<ref name="jrtt">{{Cite web |url= http://www.jrtt.go.jp/01organization/publicity/pdf/prm/no6_009.pdf |title=船の物知りコーナー(No.1「船の表示」について)|publisher=鉄道建設・運輸施設整備支援機構 |accessdate=2019-09-30}}</ref>。
 
また船首には船体の沈み具合を示すドラフトマークが表示されている<ref name="jrtt" />。
水面に接する[[分界線]]のことを'''喫水線'''(きっすいせん、吃水線)という。船の積み荷を増やすと喫水は深くなり喫水線も上昇するが、その分[[沈没]]する[[危険性]]が高まるため、船に載せられる[[積荷]]の[[限界]]を記した'''満載喫水線'''(まんさいきっすいせん、満載吃水線)が船体中央部の両舷に表示されている。水域施設、係留施設等の港湾施設における岸壁水深に大きく左右され、後から増深することが難しくなる<ref name="no13-02.pdf" />。よって積載能力の大型化に伴って船舶の喫水は深くなり、湾岸設備の水深も寄港する船の喫水データに従って設計される。
 
なお大型船を中心に、満載喫水線より下の船底は赤く塗られていることが多い。これは[[フジツボ]]などの[[海洋生物]]の付着を防ぐための塗料として使われる[[防汚剤]]の主な成分に、赤色系の成分の多い[[亜酸化銅]]が多いことが理由とされる<ref> https://trafficnews.jp/post/79513/2 </ref>。
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:きつすい}}
{{ship-stub}}
[[Category:船舶の構造]]
16

回編集

案内メニュー