「友広郁洋」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
lk
(→‎脚注: cat調整)
m (lk)
|国略称 = {{JPN}}
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1942|9|25}}
|出生地 = [[長崎県]][[北松浦郡]][[上志佐村]](現・[[松浦市]])
|没年月日 =
|死没地 =
 
== 来歴 ==
[[長崎県]][[北松浦郡]][[上志佐村]](現・[[松浦市]])に生まれる。父親が戦病死したため高校進学を諦めていたが、中学校の恩師が母親を説得し、[[佐賀県立伊万里農林高等学校]]に入学する<ref>[http://www.jiji.com/jc/v2?id=20120102top_interview26_56 友広郁洋・長崎県松浦市長:時事ドットコム]</ref>。1961年(昭和36年)3月、同校卒業。
 
1962年(昭和37年)10月1日、旧松浦市役所に入庁。2000年(平成12年)1月1日から2005年(平成17年)10月31日まで旧松浦市の助役を務めた<ref>[http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1204802315096/index.html 市長の略歴 | 松浦市]</ref>。
 
2006年(平成18年)1月1日、旧松浦市と[[福島町 (長崎県)|福島町]][[鷹島町]]が新設合併を行い、新制の松浦市が誕生する。これに伴って同年2月5日に行われた市長選挙に[[自由民主党 (日本)|自民党]]・[[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]]・[[公明党]]の推薦を受けて出馬し初当選した<ref>[http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Poplar/5755/senkyo-2006-01.htm 過去の選挙結果(2006年1月から3月まで)]</ref>。
 
2010年(平成22年)、再選。2014年(平成26年)、3選。

案内メニュー