「1910年5月9日の日食」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
 
 
== 観測 ==
交通が極めて不便な南極大陸のほか、皆既帯が通過した唯一の陸地はオーストラリアのタスマニア州だった。雨季の不利な條件にもかかわらず、[[グレートブリテン及びアイルランド連合王国|イギリス]]のパイオニア飛行士{{link-en仮リンク|フランシス・マクリーン|en|Francis McClean}}率いる観測隊はタスマニア島南西部海岸にある{{link-en仮リンク|ポート・デイビー|en|Port Davey}}に行った。結果、雨の天気で観測は成功しなかった。また、タスマニア島南東に位置する[[ブルニー島]]での観測も天気で失敗し、タスマニア島西部海岸の{{link-en仮リンク|ジーアン|en|Zeehan}}と[[ストラーン]]では部分日食の段階で晴れだったが、皆既日食の段階に入って天気が悪化した。内陸にある{{link-en仮リンク|クイーンズタウン (タスマニア州)|label=クイーンズタウン|en|Queenstown, Tasmania}}はごく少数の日食の過程のすべてが見えた場所で、[[コロナ]]の写真を撮った人もいた<ref>{{cite web|author=F. K. McClean and Others|title=Report of the Solar Eclipse Expedition to Port Davey, Tasmania, May, 1910|url=http://www.shindles.co.uk/Downloads/1910/1910-Expedition.pdf|date=1910-05|accessdate=2016-04-02}}{{en}}</ref><ref>{{cite journal|title=THE TOTAL SOLAR ECLIPSE OF May 9, 1910|journal=Nature|volume=83|issue=2121|pages=494–495|date=23 June 1910|url=http://books.google.com/books?id=nHkCAAAAIAAJ&pg=PA494|author1=Lockyer|first1=Sir Norman|last2=Group|first2=Nature Publishing|last3=Gateway|first3=UM-Medsearch|doi=10.1038/083494a0|accessdate=2016-04-02}}</ref>。
 
== 脚注 ==
314

回編集

案内メニュー