コンテンツにスキップ

「多紀元簡」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[File:多紀元簡.jpg|thumb|185px|<small>[[藤浪剛一]]『医家先哲肖像集』より多紀元簡</small>]]
'''多紀 元簡'''(たき もとやす、[[宝暦]]5年([[1755年]]) - [[文化 (元号)|文化]]7年[[12月2日 (旧暦)|12月2日]]([[1810年]][[12月27日]]))は[[江戸時代]]後期の医師。[[諱]]は元簡、字は廉夫、幼名は金松、長じて安清、安長と改める。桂山と号し、別号に櫟窓がある。
 
== 生涯 ==
[[多紀元徳]](藍渓)の長子として生まれる。[[儒学]]を[[井上金峨]]に、医学を父について修めた。安永6年([[1777年]])に将軍・[[徳川家治]]に目通りが許される。寛政2年([[1790年]])、[[老中]][[松平定信]]にその才を信任され[[奥医師]]に抜擢、[[法眼]]に叙せられ[[徳川家斉]]の侍医となる。[[寛政]]3年([[1791年]])に父の主宰する躋寿館が官立の[[医学館]]になるとその助教として医官の子弟の教育にあたった。寛政6年([[1794年]])に御匙見習となる。寛政11年([[1799年]])に父が致仕し家督を相続する。同8月には同族の[[吉田沢庵]]とともに御匙役となった。享和元年(1801年)、医官の選抜に関して不満を直言したため、奥医師を免ぜられて寄合医師に左遷された。文化3年([[1806年]])に医学館が類焼し、下谷新橋通(向柳原町)に再建し転居した。文化7年([[1810年]])に再び奥医師として召し出されたが、その年の12月2日に急死した。享年56。墓は[[城官寺]]([[東京都]][[北区 (東京都)|北区]][[上中里]]一丁目)にある。
 
考証学者などと交わり、古医学書の蒐集・校訂・覆刻につとめ、のちの[[伊沢蘭軒]]・[[多紀元堅]]・[[小島宝素]]・[[渋江抽斎]]・[[森立之]]らにみる考証医学を確立した。
元簡はまた、長く不明になっていた「[[本草和名]]」上下2巻全18編の古[[写本]]を[[紅葉山文庫]]から発見し、同書が再び世に伝えられるようになった。
 
== 著書 ==
*『傷寒論輯義』
*『金匱要略輯義』
*『医賸』
 
== 参考文献 ==
*[[森潤三郎]]『多紀氏の事蹟』(思文閣出版、1931年)
 
{{Normdaten}}
 
{{デフォルトソート:たき けんかんもとやす}}
[[Category:江戸時代の医学者]]
[[Category:日本の文献学者]]
[[Category:奥医師]]
[[Category:江戸幕府幕臣]]
[[Category:多紀家|もとやす]]
[[Category:1755年生]]
[[Category:1810年没]]
匿名利用者