「日産ディーゼル・RN/EN」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎KC-RN210CSN: 出典追加など
(→‎KC-RN210CSN: 出典追加など)
=== シリーズの変遷 ===
==== KC-RN210CSN ====
{{BusModelImage|RN+西工96MC|ファイル:Keiobus-b79952-mu02-20071004.jpg|ファイル:Keiobus-b79952-mu02-rear-20071004.jpg|KC-RN210CSN<br/ >京王バス 79952号車<br/ >(京王バス中央所属時代)}}
[[1996年]][[9月26日]]に発売。搭載機関は[[直列6気筒]][[OHV]]のFE6E型(195PS)[[ディーゼルエンジン|エンジン]]で、三菱ふそう・エアロミディMJ同様、進行方向[[横置きエンジン]]としてアングルドライブによって動力を伝達する。[[トランスミッション|変速装置]]は[[フィンガーシフト|FCT]]5速[[マニュアルトランスミッション|マニュアル]]が採用されている。
 
富士重工製車体の車両は、1996年に京王バスで導入開始された後、翌1997年には[[京王グループ]]の[[西東京バス]]でも大量導入が始まった。また1997年には[[京阪グループ]]の[[京阪宇治交通]](合併により会社解散)に富士車体のRNが8台導入され、これは前述の西鉄バス(西工車体)よりわずかに早く、[[西日本]]で初めてのRN導入となった<ref>[[京阪電気鉄道]]社内報「京阪」1997年6月号</ref>。以降、全国の他の事業者でも順次導入された。
 
なお、京阪宇治交通で導入された車両(車両番号<small>7</small>12M-<small>7</small>19M)は、[[1999年]][[1月11日]]付けで[[京阪宇治交サービス]]に譲渡され、後にその分社会社である[[京阪宇治バス]]に再譲渡された([[京阪宇治バス宇治営業所|宇治営業所]]に配置)。ただし1台は[[2003年]]初頭に京阪宇治交サービスの親会社であった京阪宇治交通に復帰後、合併を行った[[京阪バス]]に移籍したが([[京阪バス男山営業所|男山営業所]]に配置)、[[2008年]]12月に除籍され[[浜松バス]]に移籍した。京阪バスはこれとは別にKC-RN210CSNを2台導入している。2008年以降順次、京阪宇治バス所属車両の[[方向幕]]は[[発光ダイオード|LED]]に変更された。
 
日産ディーゼルとRNを共同開発した「生みの親」である京王バスでは、同社のRN全車引退にあたり[[2012年]][[6月23日]]から同年[[7月8日]]にかけて、[[京王バス東・調布営業所|調布営業所]]に最終配置された最後の1台(L79952号車、1999年式・西工車体)で「"チョロQバス" [[さよなら運転]]」が行われた。車両は手作りのボードで装飾され、乗客には乗車証明書カードと記念ステッカーが配布された<ref>{{Cite web |date= |url=https://www.bus-navi.com/news/49.pdf |title=チョロQバス さよなら運転のお知らせ 京王バスナビ |format=PDF |publisher=京王電鉄バス |accessdate=2018-05-22}}</ref><ref >{{Cite book |和書 |year=2013-01-31 |title=[[バスグラフィック]]17号 特集・京王のバスで行こう! |publisher=[[ネコ・パブリッシング]] |isbn=978-4-7770-1358-6 }}</ref>。なお写真は当該車両の[[京王バス中央・府中営業所|府中営業所]]所属時代のものである。
 
<gallery>
匿名利用者

案内メニュー