「美少女戦士セーラームーン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
m
*『[[こちら葛飾区亀有公園前派出所]]』には本作をパロディした「月光刑事」が登場した。
* [[ロシア]]の[[フィギュアスケート]]選手、[[エフゲニア・メドベージェワ]]は本作のファンを公言しており、日本のメディアとのインタビューで主題歌歌詞を披露したり、選手権大会の[[エキジビション]]で本作を寸劇的に再現する演目を[[コスプレ]]込みでこなすほどである。
*20172012年、チリ製作の映画『ダニエラ 17歳の本能 (JOVEN Y ALOCADA)』の作中で、主人公の少女の欲情を煽るキリスト教徒にとっての有害な物の象徴として本作が登場、映像が流れる。
 
== 関連書籍 ==

案内メニュー