「バルカン半島」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
 
==== 中世後期とオスマン帝国時代 ====
バルカンという地名への言及の最も早い例は14世紀のアラブの地図に見られ、{{仮リンク|ハエムス山地|en|Haemus Mons}}がバルカン(''Balkan'')という名前で示されている<ref name="Dobrev 1989">{{cite book | title = Проиcхождение географического названия Балкан – Sixieme Congres international d'etudes du Sud-Est Europeen |language=French | first= Ivan | last = Dobrev | publisher = Ed.de l'Académie bulgare des Sciences | year = 1989 | location = Sofia | url = https://books.google.com/books/about/?id=jxYZnQEACAAJ }}</ref>。西欧において「バルカン」という名称でこの[[ブルガリア]]にある山地を指して使用していることが証明される最初の用例は、1490年にイタリアの人文学者・作家・外交官であるBuonaccorsi Callimacoが教皇[[インノケンティウス8世]]へ向けて送った手紙の中にあるものである<ref>{{cite book|last=Todorova|first=Maria|title=Imagining the Balkans|page=22|publisher=Oxford University Press US|year=2009|isbn=978-0-19-538786-5}}</ref>。[[オスマン帝国]]による最初の用例は1565年の日付を持つ文書にあるものである<ref name="Todorova 1997 27" />。他のテュルク系部族が既にこの半島に居住するか、あるいは通過していたが、バルカンという用語でこの地域をさしたこれよりも古い文書は存在しない<ref name="Todorova 1997 27">{{cite book | title = Imagining the Balkans | first=Maria N. | last =Todorova | publisher = Oxford University Press, Inc. | year = 1997 | location = New York | url = https://books.google.com/books?id=-EuFwLQhvYMC&pg=PA27 | page=27| isbn=9780195087512 }}</ref>。バルカンの名はまた、初期の[[ブルガール人]]のテュルク語に起源をもつという説も主張され、ブルガリアで人気がある。しかしこれは非学術的主張に過ぎない<ref name="Todorova 1997 27" />。バルカンという名称はオスマン帝国の[[ルメリア]]で使用されており、''Kod̲j̲a-Balkan''、''Čatal-Balkan''、''Ungurus-Balkani̊''のように山一般を示す意味で使用されていたが、特にハエムス山地を指して使用される場合が多かった<ref>Encyclopaedia of Islam, Second Edition, Editors: P. Bearman, Th. Bianquis, C.E. Bosworth, E. van Donzel and W.P. Heinrichs. Brill Online Reference Works.</ref><ref>{{cite journal|url=http://referenceworks.brillonline.com/entries/encyclopaedia-of-islam-2/balkan-SIM_1152?s.num=309&s.start=300|title=Balkan – Brill Reference|journal=Brillonline.com|date=2012-04-24|last1=Inalcık|first1=Halil}}</ref>。この名前は未だ[[中央アジア]]に[[:en:Balkan Daglary|Balkan Daglary]](バルカン山地)<ref>{{cite web|url=http://land.worldcitydb.com/balkhan_mountains_3522246.html |title=Balkhan Mountains |work=World Land Features Database |publisher=Land.WorldCityDB.com |accessdate=31 March 2008 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20080228223148/http://land.worldcitydb.com/balkhan_mountains_3522246.html |archivedate=28 February 2008 |deadurl=yes }}</ref>、および[[トルクメニスタン]]の[[バルカン州]]の名称として残存している。イギリス人旅行者{{仮リンク|ジョン・モリット|en|John Morritt}}はこの名称を18世紀の終わりにイギリス文学に導入し、またほかの著作家もアドリア海と黒海の間の広い地域を指す名称に当てはめ始めた。「バルカン」の概念はドイツの地理学者{{仮リンク|アウグスト・ツォイネ|en|August Zeune}}によって1808年に創り出された<ref>{{cite web|last=Pavic|first=Silvia|url=http://geography.about.com/library/misc/ucbalkans.htm|title=Some Thoughts About The Balkans.|publisher=About, Inc.|date=22 November 2000|accessdate=31 March 2008| archiveurl= https://web.archive.org/web/20080228230925/http://geography.about.com/library/misc/ucbalkans.htm| archivedate= 28 February 2008 | deadurl= no}}</ref>。彼は[[バルカン山脈]]が[[アドリア海]]から[[黒海]]まで延びる[[東南ヨーロッパ]]の中核的山岳地形であると誤ってしていた<ref name="Somek15"/><ref name="Altić11"/><ref name="DaskalovMishkova2017">{{cite book|author=Alexander Vezenkov|editor=Roumen Dontchev Daskalov, Tchavdar Marinov|title=Entangled Histories of the Balkans - Volume Four: Concepts, Approaches, and (Self-)Representations|chapter-url=https://books.google.com/books?id=R3cEDgAAQBAJ&pg=PA141|year=2017|publisher=BRILL|isbn=978-90-04-33782-4|pages=115–256|chapter=Entangled Geographies of the Balkans: The Boundaries of the Region and the Limits of the Discipline}}</ref>。1820年代の間に「イギリスの旅行者の間で、なおハエムスと併用されている状況ではあったものの、バルカンという名称は優先的に使用される地名となった。...古典的な地名に慣れ親しんでいないロシア人旅行者の間ではバルカンは好んで使用された用語であった<ref>Maria Todorova Gutgsell, ''Imagining the Balkans'' (Oxford University Press, 2009; {{ISBN|0-19-972838-0}}), p. 24.</ref>。」
 
=== 19世紀と20世紀における概念の進化 ===

案内メニュー