「ザ・ビーチ・ボーイズ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (→‎外部リンク: リンク修正 using AWB)
[[アメリカ西海岸|米国西海岸]]の若者文化、特にビキニの娘、サーフィン、改造車(ホットロッド)、青い海などをテーマにしたポップな楽曲で知られている。しかし60年代後半からの一時期には、複雑精緻でアート志向の『[[ペット・サウンズ]]』のような作品も作り上げた。日本では[[山下達郎]]や音楽評論家の[[萩原健太]]、宮治淳一らが熱烈なビーチ・ボーイズ・ファンとして知られている。萩原健太はラジオ番組で「ビーチ・ボーイズは『神』である」とまで公言している。浜田省吾とAIDO、鈴木雅之らもビーチ・ボーイズ・ファンである。世界ではファースト・クラス、ルベッツ(ルーベッツ)、[[トッド・ラングレン]]、ハイ・ラマズやルイ・フィリップ(フランス人)らがビーチ・ボーイズの影響を受けている。
 
音楽的ルーツは、ロックンロールやホワイト・ドゥーワップにある。[[チャック・ベリー]]の「[[スウィート・リトル・シックスティーン]]」をアレンジ(歌詞の他、編曲の部分の変更を含む。著作権、ロイヤリティの問題もあった)した「[[サーフィン・U.S.A.]]」<ref>htttphttp://www.songfacts.com/detail.php?id=1244</ref>は、その典型的な例である。「サーフィン・U.S.A.」のメロディーは「スウィート・リトル・シックスティーン」とほぼ同じであり、そのことはビーチ・ボーイズ側も認めている。この件は、映画『[[ドリームガールズ (映画)|ドリームガールズ]]』でも題材として象徴的に取り上げられている。
 
[[ウェストコースト・ロック]]の、初期のポップな部分のグループであり、アメリカン・ロックでは一部のミュージシャンがそのハーモニーの影響を受けている。

案内メニュー