「新宿プラザ劇場」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
rv 2018年10月19日 (金) 09:44‎ (JST) P tmt版に戻す
m (→‎概要: linkfix)
タグ: 2017年版ソースエディター
m (rv 2018年10月19日 (金) 09:44‎ (JST) P tmt版に戻す)
タグ: 2017年版ソースエディター
{{画像提供依頼|施設全景及び映画館内部|date=2009年4月|cat=新宿区}}
{{ホール概要
|名称=新宿東宝会館プラザ劇場<br />Shinjuku TohoPlaza KaikanTheater
|画像 = {{画像募集中|cat=新宿区}}
|通称=新宿プラザ
|正式名称=新宿プラザ劇場<br />Shinjuku Plaza Theater
|旧名称=
|完成年=1969
|HP=
}}
'''新宿東宝会館'''(しんじゅくとうほうかいかん、''Shinjuku Toho Kaikan''、通称:'''新宿プラザ劇場'''(しんじゅくプラザげきじょう、''Shinjuku Plaza Theater'')は、[[東京都]][[新宿区]][[歌舞伎町]]にて[[TOHOシネマズ]]株式会社が運営・経営していた[[映画館]]。
 
== 概要 ==
[[1969年]][[10月31日]]オープン。[[TOHOシネマズ有楽座 (昭和)|有楽座]] / [[日比谷映画|日比谷映画劇場]]→[[TOHOシネマズ場 (有楽町マリオン)|日本劇場→日劇1(現・TOHOシネマズ日劇)]]系列の東宝洋画系チェーン。常に洋画の大作・話題作が数多く上映されていた。定員1,044人。{{要出典|範囲=『[[スター・ウォーズ]]』全6エピソードをすべて上映した国内唯一の劇場|date=2018年10月}}である。
 
==新宿プラザ終焉==
 
なお、当劇場の閉館以降、歌舞伎町地区にあった映画館はそのほとんどが1年以内に全て姿を消し、唯一残った[[新宿TOKYU MILANO]]も2014年12月31日をもって閉館した。歌舞伎町の映画館の系譜上初めてとなる3ヵ月半の空白期間を挟み、当劇場跡地に建設される「[[新宿東宝ビル]]」に、シネマコンプレックス「TOHOシネマズ新宿」が2015年4月17日(金)にオープンした。
 
== 代表作品 ==
『[[ウエスタン (映画)|ウエスタン]]』(オープニング上映作品)、『[[ジェームズ・ボンド]]』シリーズ(『[[女王陛下の007]]』から『[[007 ゴールデンアイ|ゴールデンアイ]]』までの間の一部の作品を除く。『[[007 ダイ・アナザー・デイ|ダイ・アナザー・デイ]]』以降の作品は[[東急レクリエーション|新宿ミラノ1]]で上映)、『[[トラ・トラ・トラ!]]』、『[[ゴッドファーザー]]』シリーズ、『[[ポセイドン・アドベンチャー]]』、『[[大地震 (1974年の映画)|大地震]]』、『[[オーメン]]』シリーズ、『[[キングコング (1976年の映画)|キングコング]]』(1976年版)、『[[人間の証明]]』、『[[未知との遭遇]]』、『[[スター・ウォーズ]]』シリーズ、『[[野性の証明]]』、『[[グリース (映画)|グリース]]』、『[[ディア・ハンター]]』、『[[エイリアン (映画)|エイリアン]]』シリーズ、『[[地獄の黙示録]]』(2002年の特別完全版も上映)、[[インディ・ジョーンズ シリーズ|『インディ・ジョーンズ』シリーズ]]、『[[ランボー]]』シリーズ(第1作と第3作『[[ランボー3/怒りのアフガン|怒りのアフガン]]』)、『[[ゴーストバスターズ]]』、『[[ターミネーター (映画)|ターミネーター]]』シリーズ、『[[バック・トゥ・ザ・フューチャー]]』シリーズ、『[[トップガン (映画)|トップガン]]』、『[[プレデター (映画)|プレデター]]』、『[[アンタッチャブル (映画)|アンタッチャブル]]』、『[[ロボコップ]]』シリーズ(第1作と[[ロボコップ3|第3作]]を上映)、『[[グラン・ブルー (映画)|グレート・ブルー]]』、『[[レッドブル (映画)|レッドブル]]』、『[[ロジャー・ラビット]]』、『[[ダイ・ハード]]』シリーズ([[ダイ・ハード2|2]]は[[東亜興行|新宿アカデミー]]で上映)、『[[トータル・リコール]]』、『[[バックドラフト (映画)|バックドラフト]]』、『[[ケープ・フィアー]]』、『[[愛人/ラマン]]』、『[[ジュラシック・パーク]]』シリーズ、『[[クリフハンガー (映画)|クリフハンガー]]』、『[[ライオン・キング]]』、『[[トゥルーライズ]]』、『[[スピード (映画)|スピード]]』、『[[フォレスト・ガンプ/一期一会]]』、『[[クリムゾン・タイド]]』、『[[ツイスター (映画)|ツイスター]]』、『[[ザ・ロック (映画)|ザ・ロック]]』、『[[インデペンデンス・デイ]]』、『[[タイタニック (1997年の映画)|タイタニック]]』、『[[プライベート・ライアン]]』、『[[アルマゲドン (映画)|アルマゲドン]]』、『[[ハムナプトラ/失われた砂漠の都|ハムナプトラ]]』シリーズ、『[[シックス・センス]]』、『[[エンド・オブ・デイズ]]』、[[ミッション:インポッシブルシリーズ|『ミッション:インポッシブル』シリーズ]](『[[ミッション:インポッシブル2|M:I-2]]』、『[[ミッション:インポッシブル3|M:i:III]]』)、『[[X-メン (映画)|X-MEN]]』シリーズ(1、[[X-MEN2|2]]。『[[X-MEN: ファイナル ディシジョン|ファイナル・ディシジョン]]』と『[[ウルヴァリン: X-MEN ZERO|ウルヴァリン]]』は新宿アカデミーで上映)、『[[チャーリーズ・エンジェル (映画)|チャーリーズ・エンジェル]]』、『[[ホワット・ライズ・ビニース]]』、『[[トゥームレイダー (映画)|トゥームレイダー]]』、『[[ブラックホーク・ダウン]]』、『[[スパイダーマン (映画)|スパイダーマン]]』シリーズ、『[[マイノリティ・リポート]]』、『[[戦場のピアニスト]]』、『[[ザ・コア]]』、『[[デイ・アフター・トゥモロー]]』、『[[ボーン・スプレマシー]]』、『[[ダ・ヴィンチ・コード (映画)|ダ・ヴィンチ・コード]]』、『[[ハンニバル・ライジング (映画)|ハンニバル・ライジング]]』、『[[ファンタスティック・フォー:銀河の危機]]』、『[[ボーン・アルティメイタム]]』、『[[ウォンテッド (映画)|ウォンテッド]](最終封切作品)』ほか
*『[[スター・ウォーズ]]』全6エピソードをすべて上映した国内唯一の劇場である。
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
== 外部リンク ==
{{TOHOシネマズ}}
{{Movie-stub}}
{{Pref-stub|pref=東京都}}
 
{{DEFAULTSORT:しんしゆくふらさけきしよう}}
[[Category:過去の東宝系列映画館]]

案内メニュー