「頼助 (仏師)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
内部リンク修正
(内部リンク修正)
 
'''頼助'''(らいじょ、[[天喜]]2年([[1054年]]) - [[元永]]2年[[6月9日 (旧暦)|6月9日]]([[1119年]][[7月18日]]))は、[[平安時代]]後期に活躍した[[奈良仏師]]。[[定朝]]の孫で[[覚助 (仏師)|覚助]]の実子または直系の弟子として多数の造像に携わる。[[興福寺]]を中心に主に[[奈良]]で活躍したため、頼助の系統は'''御寺仏師'''、'''奈良仏師'''と呼ばれ、[[運慶]]ら優れた仏師を輩出した。子に[[金剛峯寺]]所蔵「絹本著色両界曼荼羅図」(血曼荼羅)を描いた[[常明]]がいる<ref name=kodansha>{{cite web|url=http://kotobank.jp/word/%E5%B8%B8%E6%98%8E |title=【常明(じょうみょう)】|publisher=デジタル版 日本人名大辞典+Plus|language=日本語|date=2009-01|accessdate=2012-04-17}}</ref>。
 
[[ファイル:Kofukuji03s3200.jpg|thumb|頼助が活躍した興福寺の三重塔]]

案内メニュー