「気体定数」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
用語「気体定数」と「モル気体定数」の使い分けの不十分なところを修正しました。
m (→‎top: {{gasp}}を{{math}}と{{val}}へ)
(用語「気体定数」と「モル気体定数」の使い分けの不十分なところを修正しました。)
である(2014[[科学技術データ委員会|CODATA]]推奨値<ref name="CODATA" />)。
 
モル気体定数は、[[ボルツマン定数]] {{Mvar|k}} の[[アボガドロ定数]] {{Math|''N''{{sub|A}}}} 倍である。したがって、[[2019年]][[5月20日]]に施行予定の国際単位系(SI)の改定([[新しいSIの定義]])によって、[[ボルツマン定数]]も[[アボガドロ定数]]も定義定数となるので、モル気体定数も定義定数となり {{Math|{{Val|1.380649|e=-23|ul=J/K}} &times; {{Val|6.02214076|e=23|u=[[モル|mol]]<sup>&minus;1</sup>}} {{=}} {{Val|8.31446261815324|u=J·K<sup>&minus;1</sup>·mol<sup>&minus;1</sup>}}}} となる。
 
== 記号 ==
[[物質量]] {{math|''n'' {{=}} {{Sfrac|''m''|''M''(X)}}}} を導入すれば
{{Indent|<math>R=\frac{K}{n}=\frac{pV}{nT}=M(\text{X})\, R(\text{X})</math>}}
となるが、この {{mvar|R}} は係数 {{math|''M''(X)}} を適当に定めることによって、気体の種類に依らない普遍定数とすることができて、これがモル気体定数である。
 
== 乾燥空気 ==
匿名利用者

案内メニュー