「式守伊之助」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
60歳を過ぎてから襲名する者が多く、[[式守伊之助 (19代)|19代]]<ref>19代は定年制導入以前である。</ref>、[[式守伊之助 (27代)|27代]]、[[式守伊之助 (30代)|30代]]、[[式守伊之助 (34代)|34代]]が64歳、[[式守伊之助 (26代)|26代]]が63歳で襲名している。若年の襲名は[[式守伊之助 (6代)|6代]]<ref>6代は生年月日が不明である。</ref>と[[式守伊之助 (8代)|8代]]が40歳、[[木村庄之助 (27代)|23代]]が48歳、[[式守伊之助 (40代)|40代]]は54歳で襲名している。
 
[[明治]]年間に[[本場所]]で[[勧進]]元を務めた伊之助が開催直前に亡くなり、いわゆる「[[位牌]]勧進元」が続いた。[[式守伊之助 (5代)|5代]]、6代、[[式守伊之助 (7代)|7代]]、8代、[[式守伊之助 (9代)|9代]]と5人続けて現役で亡くなり、[[式守伊之助 (14代)|14代]]は[[1926年]]1月場所から襲名となるが伊之助として土俵に上がることなく前年暮れにくなった。1926年1月場所の番付は14代として「式守伊之助」と書かれている。のちに「伊之助の祟り」とも喧伝されて恐れられた。
 
[[木村庄之助 (17代)|10代]]以降は伊之助から庄之助を襲名することが可能となったため、以後29人中17人が庄之助を襲名している。現在の制度ではもちろん庄之助にぐ地位であり、江戸時代~明治時代をみても基本的にそうであったが、6代と8代の2人は例外的に庄之助の上位に位置されたことがある。ただし、8代は死跡であったため庄之助より上位として土俵に上がった伊之助は6代1人だけである。
 
立行司が庄之助、伊之助、のちに[[副立行司]]に降格された[[木村玉之助|玉之助]]、と3人制時代は、[[木村庄之助 (21代)|17代]]と[[木村庄之助 (22代)|18代]]の2人のみが木村玉之助から昇格して伊之助を襲名した。
2,805

回編集

案内メニュー