コンテンツにスキップ

「海軍予備員」の版間の差分

(→‎予備生徒出身者: clean up using AWB)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
海軍予備員とは、[[予備役]]にある海軍の[[武官]]・[[兵]]をいうが、通常の予備役が[[現役]]を経験した軍人・兵で構成されるのとは異なり、一度も現役として軍務に服することなしに予備役にある点に特徴がある。船舶職員等としての勤務日数が実役停年に加算されるため、召集されていない期間も自動的に昇進していく。そのため、軍服・徽章や[[階級]]も異なっていることが一般的であるが、日本海軍の場合、正規の軍人の帽章上部意匠や階級章が桜花(チェリーマーク)であるのに対し、予備員のそれは羅針儀(コンパスマーク)であったり、袖章も、前者が水平型、後者が山型などの違いがあった(軍服の異同については[[軍服 (大日本帝国海軍)#海軍予備員|大日本帝国海軍の軍服]]を参照)。なお、太平洋戦争末期には改正され、正規・予備員のそれらは統一された
 
元来、大日本帝国海軍における海軍予備員制度は、官立[[東京商船学校]]の生徒を予備生徒とし、卒業後に[[海軍少尉]]候補生に任じたもので、その後、[[神戸高等商船学校]]の生徒を加えた。専ら商船の高級船員をその対象とし、操船において高度な技術・技能を有する彼らを有事の際に士官要員として活用しようとの目論見であった。後には[[水産講習所]]遠洋漁業科の生徒もその対象となった。さらに中等学校相当の各地の官公立商船学校の生徒もまた、下士官要員として海軍予備員に組み込まれた。