「持分法」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
{{混同|持分会社|x1=持分法適用会社と}}
'''持分法'''(もちぶんほう、{{lang-en-short|equity method}})とは、[[会計学]]ないし会計実務の用語のひとつで、投資会社が被投資会社の資本及び損益のうち[[投資会社]]に帰属する部分の変動に応じて、その投資の額を連結決算日ごとに修正する方法である。具体的手法は[[企業会計基準]]第16号「持分法に関する会計基準」及び実務対応報告第24号「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」に全面的に準拠する。
 

案内メニュー