「赤根谷飛雄太郎」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[秋田市立秋田商業高等学校|秋田商業]]を経て、[[法政大学]]に進学すると、[[東京六大学野球]]で活躍を見せる。その後、社会人野球の秋田コンマーシャルクラブ、[[帝国石油]]を経て、{{by|1948年}}に[[北海道日本ハムファイターズ|急映フライヤーズ]]に32歳という新人選手としては高齢で入団。1年目は二軍の「[[北海道日本ハムファイターズ (ファーム)|急映チックフライヤーズ]]」の監督を兼任しながら一軍で12試合に登板し2勝を挙げる。2年目は未勝利に終わり、この年限りで引退。プロ野球史上、最も漢字名の長い(7文字)選手として知られる。
 
[[日本プロ野球|プロ野球]]引退後、[[高校野球]]指導者として名を馳せる。赤根谷が育てた選手として[[嵯峨健四郎]]([[北海道日本ハムファイターズ|東映フライヤーズ]])、[[石戸四六]]([[東京ヤクルトスワローズ|サンケイアトムズ]]、[[佐々木吉郎]]([[横浜DeNAベイスターズ|大洋ホエールズ]])などがいる<ref>{{Cite news|url=https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASKC16W21KC1PTQP00S.html|title= 秋田の50回大会史 秋田中に猛烈な対抗意識の秋田商 |newspaper= アサヒ・コム:高校野球デジタル |agency= 朝日新聞社 |date= 2018-01-19 |accessdate= 2018-08-21 }}</ref>。
[[日本プロ野球|プロ野球]]引退後、[[高校野球]]指導者として名を馳せる。
 
1969年8月22日、13年の闘病生活、4度目の発作で、53年の生涯を終える<ref>朝日新聞社『甲子園風土記 東日本編』朝日新聞社、1978年</ref>。
{{BASEBALLstats |npb= |brjpn=akaney000hyu |kbo= |cpbl=}}
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:あかねや ひゆうたろう}}
[[Category:日本の野球選手]]
[[Category:法政大学野球部の選手]]
[[Category:北海道日本ハムファイターズ及びその前身球団の選手]]
[[Category:秋田県出身の人物]]
[[Category:高校野球指導者]]
[[Category:日本の野球監督]]
[[Category:秋田県出身の人物]]
[[Category:1916年生]]
[[Category:1969年没]]

案内メニュー