コンテンツにスキップ

「南極の観光」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
南極には南極基地への物資輸送のため、[[:en:Williams Field|Williams Field]]などの[[飛行場]]が存在し、[[:en:Kenn Borek Air|Kenn Borek Air]]のような航空会社が輸送を請け負っている。航空機には[[:en:Basler BT-67|BT-67]]などが利用されている。
 
1977[[1970から1979年の間代]]、オーストラリア及びニュージーランドからの観光飛行があっ開始された。南極本土上空へ飛び、着陸せずにそのまま出発した空港へ帰る、というコースである。1994年にはオーストラリア発のものが再開した。[[ニュージーランド航空]]はinternationalと便名の前に付けていたが、これらのフライトは国内線であり、国際線ではなく国内線扱とみなされている。[[カンタス航空]]のフライトは全て[[チャーター便]]である。ニュージ現在はオストンド航空にもチャーター便リア発の観光旅行幾つかありその他にも航空会社や代理店でチケットを売る不定期便がある。日本ではパックツアーが売らの一つとして提供されている<ref>[http://www.tabisuke-aus.com/tabisuke2/item/index.php?action=%2Fdetail&uid=00001384 南極大陸遊覧飛行ツアー]</ref>。フライトは12時間から14時間で、そのうち大陸の上を飛ぶ時間はおよそ4時間に及ぶ。
 
[[カンタス航空]]は1977年2月13日にフライトを始めた。1979年までに、27便及び7000人以上の観光客を運んだ。ボーイング747Bsが主に使われシドニー・メルボルン・パースのいずれかから、二つの"アイスルート"を経由した。片方は[[ジョージ5世ランド]]の海岸にそって[[アデリーランド]]の[[フランス]]の基地へ飛び、[[南磁極]]上空でき返す。もう片方は[[オーツランド]]と[[ヴィクトリアランド]]の北方の上空を、[[ロス海属領]]にある[[ワシントン岬]]へと飛ぶ。1977年、一便がマクマード湾及びエレバス山の方へ飛ぶようになった。いくつかのより短いフライトがメルボルンから出ていて、ボーイング707が使われている<ref>Hickson page 165</ref>。オーストラリアからの飛行は1980年に無くなっ一旦中断したが、1994年に再開され、現在も続いている[http://www.antarcticaflights.com.au/about.html (see Croydon Travel)]。
 
[[ニュージーランド航空]]は1977年2月15日に観光飛行を始めた。1977年に6便、1978年に4便運航された。1979年も4便。最後の一便は1979年が運航されたが、11月28日に年内最後一便がエレバス山に墜落する事故を起こし([[ニュージーランド航空901便エレバス山墜落事故|901便]]で、同機はエレバス山に墜落し、以後のニュージーランド発の観光飛行は中断された<ref> Macfarlane pp 155-156</ref>。
1958年にチリから向かったものなど、もっと早い時期にも風景目的の飛行はあった<ref>Trewby page 187</ref>。
匿名利用者