「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎用語: 推測を除去。理由不明な記述の復元を修正。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎用語: 推測を除去。理由不明な記述の復元を修正。)
== 用語 ==
=== インフィニティ・ストーン ===
今作で最も重要な役割を担う6つのエネルギーの結晶石。宇宙が誕生する前に存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、、'''「空間(スペース)」'''・'''「精神(マインド)」'''・'''「現実(リアリティ)」'''・'''「時間(タイム)」'''・'''「力(パワー)」'''、そして'''「魂(ソウル)」'''といった6つの異なる概念を司るエネルギーの結晶石へと変化した。それぞれが全てを破壊するほどの比類なき力を秘めており、[[マーベル・シネマティック・ユニバース]]の大半の作品において重要なアイテムとなっており、所在地や所有者はユニバースの進行と共に変遷している。概要は『[[ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー]]』にてコレクターに説明されていたが、今作の冒頭においてドクター・ストレンジとウォンによって改めて説明されている。
; スペース・ストーン(青)
: 外殻 - テッセラクト/四次元キューブ (Tesseract)
: 登場作品 - 『[[マイティ・ソー (映画)|マイティ・ソー]]』『[[キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー]]』『[[アベンジャーズ (2012年の映画)|アベンジャーズ]]』『[[マイティ・ソー/バトルロイヤル]]』
:: テッセラクト(日本語訳では「四次元キューブ」)と呼ばれる青白い立方体の中に納められた青色の石。マーベル・シネマティック・ユニバースで、最初に存在が確認されたインフィニティ・ストーンでもある。
:: 空間を司り、宇宙のあらゆる場所へ移動したり、念動力のように物体を動かし操ることが可能。地球を消せるほどの非常に強いエネルギーを持っており、かつてヒドラやフューリーはそれを利用した兵器を作り出そうとした。また、本作でスペース・ストーンを手に入れたサノスは、インフィニティ・ガントレットへと埋め込んだことでマインド・ストーンとタイム・ストーンの所在地を特定したことから、他のインフィニティ・ストーンを探し出す力を持つと思われる
::遥か昔の地球で、ヨトゥンヘイムの氷の巨人との戦いを終えたオーディンによって地球へと置かれて以来、トンスベルグの聖堂の者たちによって数千年間も密かに隠されてきたが、第二次世界大戦中にキューブを求めてトンスベルグへ侵攻してきた、ヒドラのリーダーであるレッドスカルに強奪されてしまう。強奪後、ヒドラは研究・解析の末にキューブのエネルギーをバッテリーに転移させることに成功し、それを大量生産することで新型の兵器を完成させた。だが、キューブを搭載した大型戦闘飛行機「ワルキューレ」内部でのキャプテン・アメリカとの決戦で、キューブに直接触れたレッドスカルは、宇宙の遥か彼方の惑星ヴォーミアへと転送され、転送後にキューブは海へと沈んだ。後にキャプテンの捜索中、ハワード・スタークによって海から引き上げられ、戦後S.H.I.E.L.D.によって厳重に保管される。
:: サノスはかつて、このストーンを領域外から活性化させる事でロキを地球に送り込んだ。『アベンジャーズ』でのニューヨーク決戦の後、ソーによってロキと共にアスガルドへと持ち帰られ、ロキとの戦いで破壊された虹の橋・ビフレストの修復に用いられた。修復が完了した後は、オーディンの宝物庫へと厳重に保管された。
::ラグナロクが起こる直前に、ロキがオーディンの宝物庫から密かに持ち出しアスガルドを脱出したが、後にストーンを求めて襲撃してきたサノスに奪われ、インフィニティ・ガントレットに埋め込まれてしまう。
: 登場作品 - 『[[アベンジャーズ (2012年の映画)|アベンジャーズ]]』『[[キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー]]』『[[アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン]]』『[[シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ]]』
:: セプターと呼ばれる杖の先端、青い宝石の中に隠されている黄色の石。現在はヴィジョンの額に納められている。
:: 思考・精神を司る力を持ち、人の心を操ったり、意識や潜在能力などを非常に高い領域に上げることで精神を強化する。サノスからセプターを託されたロキは、ホークアイやセルヴィク博士を洗脳して支配下に置いた。ニューヨークでの決戦では、四次元キューブ(スペース・ストーン)の力で開いたワームホールを閉じるのに使用され、後にヒドラの手の者が密かに回収した。ヒドラの新たなリーダーであるバロン・ストラッカーは解析と実験の果てにワンダとピエトロ・マキシモフに超人的な能力を与えた。
::トニー・スタークは、ストーン内部にある“頭脳”を使い平和維持プログラムの人工知能を開発しようとしたが、“頭脳”が突如自我に目覚めたことにより、邪悪な人工知能・ウルトロンを生み出してしまう。ウルトロンは、人工細胞の研究者にしてブルース・バナーの友人であるヘレン・チョ博士が開発した人工皮膚細胞テクノロジー、奪ったヴィブラニウムと細胞再生装置「クレードル」を利用して完成させた最強の人工肉体の額に、セプターから取り出したストーンを埋め込み、自身の意識をアップロードすることで究極の生命体になろうとしていたが、アベンジャーズにクレードルを奪われてしまった。その後、トニーとバナーによってアイアンマンのサポートに当たっていた人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)の思考プログラムが前述の人工肉体に移植されたことにより、究極の人造人間・ヴィジョンが誕生した。
::ヴィジョンはストーンからビーム状のエネルギーを放ったり、浮遊飛行や体の密度を変えることで自身を物理的に透過・硬化する能力を使える。
:: 現実を司る力を持ち、真紅の液体のような物質で、核を持たず唯一石の形状をとっていないインフィニティ・ストーンである。
:: 誰かの体に入り込むことでその者に現実を歪めたり、触れたものを暗黒物質(ダークマター)へ変えるなどの力を行使できるようになる。数千年前に、ダークエルフのリーダー・マレキスは、アスガルド軍を全滅させ暗黒世界を築くためにエーテルを使おうとしたが、アスガルドの先々代の王にしてオーディンの父であるボー王によって阻止された。
::ダークエルフたちが敗北し去った後、エーテルはその力を危惧したボー王によって地中深くに封印されたが、それから数千年後、惑星直列の影響でエーテルの封印場所にワープしたジェーン・フォスターによって封印が解かれ、エーテルは彼女の体内に入った。復活したマレキスは、この力をジェーンから引き剥がして再び使用したが、力の全てを使い切る前に死亡した。一時的に取り込んでいたジェーンも全くコントロールできていなかったが、本作でリアリティ・ストーンを手に入れたサノスはインフィニティ・ガントレットに装着された状態で使用し、質量のある幻影を惑星を包み込むレベルで多数の人間に見せている。
::ソーがマレキスから奪還した後、既に四次元キューブ(スペース・ストーン)を保管しているアスガルドへ置くのを危惧したヴォルスタックたちによって、惑星ノーウェアに住むタニリーア・ティヴァン(コレクター)の元へ運ばれ、彼のコレクションとして保管された。
:: 固体ではないインフィニティ・ストーンだが、ソーは液体が凝固するように赤い石となるビジョンを見ており、インフィニティ・ガントレットに埋め込まれた状態では、他のストーンと同じように宝石の形をしている。
: 過去の所有者 - コズミック・エンティティーズ
: 初登場 - 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
:: 魂を司る力を持つ橙色の石。6つあるインフィニティ・ストーンの中で最も強力かつ特別な力を持つらしいが、その力は未知数であり、未だ謎が多い最後のインフィニティ・ストーンでもある。また、このストーンにはある種の知恵があり、持ち主となる者を見極めるという。
::レッドスカルはスペース・ストーンによってヴォーミアに転送され、タイム・ストーンを守るストーン・キーパーとなったレッドスカル曰く「ソウル・ストーンを手に入れるためには愛する者の魂を犠牲にしなければならないとされ、手に入れるためには大いなる犠牲を払わなければならない。その犠牲となる者の魂と共に。サノスは自分の養女であるガモーラを犠牲にして手に入れた。
 
=== 装備・武器 ===
; [[インフィニティ・ガントレット]]
: インフィニティ・ストーンの力を最大限に発揮できる左手用の金色のグローブ。各指の付け根部分と手の甲に6つのストーンを収容する穴があり、手を閉じることでそれぞれのストーンの力を着用者が望むタイミングで自在に使用できる。また、ストーンが発する強大なパワーを制御しているため、ガントレット自体もアスガルドの武器に使われている金属を使用しており、非常に強靭なものに作られている。
: 本作以前では、オーディンの宝物庫に右手用の物が置かれていたが、『[[マイティ・ソー バトルロイヤル|マイティ・ソー/バトルロイヤル]]』でヘラによってそれはレプリカであったと語られた。本作に登場するのは、[[アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン|]]でアベンジャーズがウルトロンとの戦いを終えた頃に、]]サノスが惑星ニダベリアのドワーフたちに作成を依頼し、新たに作り上げられたものである。
; ストームブレイカー
: 死にゆく惑星ニダベリアの心臓で出来た斧。王の武器と称されており、アスガルドの歴史上最も強力な武器とされる。
: ドワーフのエイトリが型を用意し、惑星ニダベリアの心臓のエネルギーで金属を溶かして作り上げ、グルートの腕を柄とすることで完成した。ソーの武器としては、先代となる武器:ムジョルニアと同じように自在に空を飛び回る能力と、ソーの持つ雷神の力を最大限に発揮させる能力に加え、あらゆる惑星間を自由に移動可能な虹の橋・ビフレストを呼び出せる能力を与える。
; アイアンマン・アーマー マーク50 ブリーディングエッジアーマー
: 本作でトニーが装着する、全身に高度なナノテクノロジーを応用した最新型のアイによりーの形状を自在に変化させるスーツ。トニーの胸部に取り付けられたアーク・リアクターにトニー自身が触れることで起動し、液体で包み込まれるように装着される。
:武装はナノマシンによって自動生成される。作中では、槍,盾,アームハンマー,ミサイル,低温冷却液噴射装置,リパルサー・レイ発射強化ユニット,リパルサー電磁エネルギーブレード,リパルサーアームキャノン,レーザービーム砲,加速用ブースターなどを生成した。さらに、スーツの一部分を対象物に装着させる機能や、ナノマシンによるスーツの破損箇所を自己修復する機能も搭載されているため、過去のアイアンマン・アーマーを遥かに上回る性能と汎用性を誇る。また、ナノマシンをスーツへ全面的に使用しているため、マーク42から引き継がれている自動キャッチ機能は撤廃されている。
; <!--アイアンマン・マーク44 -->ハルクバスター・マーク2(HULKBUSTER 2.0)<ref>アーマーのナンバーは不明。[http://marvel.wikia.com/wiki/Iron_Man_Armor_(Hulkbuster_2.0)_(Earth-199999) Iron Man Armor (Hulkbuster 2.0) (Earth-199999)] </ref>
; ミラノ号
: 初登場作品 『[[ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (映画)|ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー]]』
: ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが活動拠点及び移動手段として使用している鳥形の宇宙船。本作ではデザインが大きく変わっていることから、ロケットによって改造を施されたと思われる
: ソー、ロケット、グルートはこの船に設置された脱出用ポッドを惑星ニダベリアへの移動手段として使っている。
; ネクロクラフト

案内メニュー