「トヨタ・サクシード」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
:外観はタフさを強調するため、フロント周り(フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ)やリアコンビネーションランプのデザインを変更(プロボックスと同一のエクステリアデザインとなる)。ボディカラーには新色の「ボルドーマイカメタリック」と「ライトグリーンメタリック」を追加し、6色展開とした。グレード体系は2002年7月登場型から継続の「U」・「UL」・「UL-X(「UL"Xパッケージ"」から改名)」に加え、ワゴンモデルに設定されていた「TX」をバンモデルにおける最上位グレードとして追加した。
* [[2016年]][[8月30日]] - 一部改良<ref>{{Cite press release|title=TOYOTA、プロボックスならびにサクシードを一部改良|publisher=トヨタ自動車株式会社|date=2016-08-30|url=http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13332599|accessdate=2016-08-30}}</ref>。
:[[軽自動車]]を除く4ナンバーの2BOXタイプ商用車で初搭載となる衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「[[Toyota Safety Sense]] C」を全車に標準装備したほか、シフト操作時における急発進を抑制して衝突時の被害軽減に寄与するドライブスタートコントロールや、先行車を検知して信号待ちなどで先行車が発進したことに気付かずに停車し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能も標準装備。コンライトやイルミネーテッドエントリーシステムも新たに標準装備された。
:また、2WD車に[[アイドリングストップ]]機能(Stop & Start System)を標準装備したことでJC08モード燃費を19.6km/Lに向上し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成した。
*[[2018年]][[6月21日]] - [[マツダ]]へ10代目[[マツダ・ファミリア|ファミリアバン]]として[[OEM]]供給を開始。
匿名利用者

案内メニュー