「郷ひろみ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
*[[2015年]]10月18日、60歳の誕生日を迎える。翌[[2016年]]2月、新御三家が3人揃っての還暦祝いを機に、ひろみは西城・野口と久々に再会し「還暦鼎談」に参加した<ref>[https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05190631/?all=1&page=1 追悼「西城秀樹」さん 「郷ひろみ」「野口五郎」と語った貴重な“還暦鼎談” 週刊新潮 2016年2月25日号掲載]</ref>。
*[[2018年]][[5月16日]]、新曲「恋はシュミシュミ」を発売した夜、新御三家の西城秀樹が急性心不全で死去。「ボクの中で長男は五郎、次男は秀樹、末っ子がボクでした。デビュー当時、右も左もわからなかったボクに、『ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれる』と親身になってくれたこと、一生忘れません。こころからお悔み申し上げます」とコメントを発表<ref>[https://www.sankei.com/entertainments/news/180517/ent1805170010-n1.html 【西城秀樹さん死去】 郷ひろみさん「同世代として、とても残念です」 コメント全文 産経新聞 2018年5月17日記事]</ref>。
*2018年[[5月25日]]に西城の通夜、翌[[5月26日]]には告別式と、野口五郎ら歌手仲間と共に参列。葬儀の席で野口の後に、郷は西城に向かって「雑誌の対談で久しぶりに新御三家が顔を合わせたのが、秀樹を見た最後になりました。対談の中で『感謝の気持ちを持って歌い続けよう』って締め括ったのに、秀樹は天国に行ってしまいました。本当に残念です」「僕は秀樹のことを兄貴と思っていました。それは今でも変わっていません。これからも秀樹の背中をみて、ずっと歌を歌い続けていきたいと思っています。今まで本当に有難う。そして安らかに眠って下さい」と終始涙を浮かべながら弔辞を読んだ<ref>[https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/26/kiji/20180526s00041000176000c.html 郷ひろみ 涙の弔辞…西城秀樹さんに誓った「ずっと歌い続ける」 スポニチ 2018年5月26日記事]</ref><ref>[https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805260000391.html 郷ひろみ「秀樹は兄貴、背中を見て歌い続けていく」 日刊スポーツ 2018年5月26日記事]</ref>。
 
=== プライベート ===
匿名利用者

案内メニュー