コンテンツにスキップ

「針葉樹林」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''針葉樹林'''(しんようじゅりん)とは、主として[[針葉樹]]で構成された森林の事。
[[熱帯]]の山地から[[高木限界]]まで様々な型のものがある。
代表的なものは[[温帯]]北部から[[寒帯]]に見られるものである。<br>
 
日本で極相として針葉樹林があるのは、以下のような所である。
*[[ブナ林]]を中心とする落葉広葉樹林帯より上の区域に成立する常緑針葉樹林は、コメツガ、オオシラビソなどを構成樹種とする。それより寒い地域には[[カラマツ]]を構成樹種とする落葉針葉樹林があらわれる。
 
 
*また、[[照葉樹林]]帯では[[モミ]]、[[ツガ]]などの針葉樹が混じるが、これらが多いところでは、外からは針葉樹林のように見える。特に、モミ林はまとまった面積を占めることがあり、これを暖帯と温帯の間に位置すると見なし、中間温帯と称することがある。森林を構成する種の組成としては、照葉樹林である。
 
このほか、次のような針葉樹林が見られる。
匿名利用者