「アルバロ・デル・ポルティーリョ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
*[[1975年]] - 初代総長ホセマリア・エスクリバーの帰天により、オプス・デイの第2代総長に選出される。(61歳)
*[[1982年]] - 属人区<ref>「属人区」はカトリック教会の部分をなし、特定の信者によって構成され位階的な組織を表す。[[1982年]][[11月28日]]にヨハネ・パウロ2世が[[使徒]]憲章「Ut sit」の中で設立した。オプス・デイは最初に設立された属人区である。</ref>の創設に伴い、[[ローマ教皇庁]]によりオプスデイの初代属人区長に任命される。(68歳)
*[[1987年]] - 来日。京都、芦屋、長崎などを訪問。[[長崎市]]にある、[[オプス・デイ]]の精神で設立された精道学園<ref>現在の[[長崎精道小学校・中学校]]、[[精道三川台小学校・中学校・高等学校]]、[[三川女子調理師学校]]の3校。</ref>を訪問。(73歳)
*[[1991年]][[1月6日]] - [[ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)|教皇ヨハネ・パウロ2世]]により[[司教]]に叙階される。(76歳)
*[[1994年]][[3月23日]] - [[イタリア]]の[[ローマ]]で[[帰天]](満80歳)。後任の属人区長は[[ハビエル・エチェバリーア・ロドリゲス]]。
**[[1月22日]] - 前述の英雄的美徳と[[奇跡]]の認定により、同年9月27日の列福式の開催が発表される。
**[[9月27日]] - 出身地のマドリードで[[列福]]される(生誕100周年)。列福式の際、[[教皇フランシスコ]]が[[ハビエル・エチェバリーア・ロドリゲス|ハビエル・エチェバリーア]]属人区長宛に手紙を書かれた。<ref>http://opusdei.jp/ja-jp/document/27-septiembre-carta-del-papa-francisco/</ref>
 
== アルバロ・デル・ポルティーリョの取り次ぎを求める祈り ==
<blockquote>祈り:慈しみ深い父なる神よ、御身は司教・福者アルバロに、聖マリアの助けによって、模範的な牧者として教会に仕え、オプス・デイ創立者・聖ホセマリアの真に忠実な子、後継者となる恩恵をお与えになりました。どうか私もまた、キリスト信者としての召し出しの務めに忠実に応え、日常生活のあらゆる時と状況を、主を愛し、キリストの御国に仕える機会とすることができますように。福者アルバロに列聖の恵みを与え、その取次ぎによって私の願い<small>(ここでお願いする)</small>をお聴き入れください。アーメン。</blockquote><blockquote>主の祈り アヴェ・マリアの祈り 栄唱<ref>{{Cite news|title=福者アルバロの祈りのカード|url=http://opusdei.org/ja-jp/article/donarubarono-inori-2/|accessdate=2018-04-10|language=ja}}</ref> </blockquote>
 
==著書==
 
*''Faithful and laity in the Church'' (1969年)
*''On the Priesthood'' (1970年)
*[http://www.opusdei.jp/sec.php?s=1407 ドン・アルバロ] - オプス・デイ(日本語版)ウェブサイト
*[http://opusdei.us/en-us/section/bishop-alvaro-del-portillo/ Blessed Alvaro del Portillo] - Opus Dei(英語版)ウェブサイト(福者アルバロの動画や文章有り)
*[http://opusdei.org/ja-jp/article/donarubarono-inori-2/ アルバロ・デル・ポルティーリョの取り次ぎを求める祈り(PDF)]
 
{{S-start}}
52

回編集

案内メニュー