「ツノハシバミ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(写真追加)
 
==特徴==
幹は直立し高さ4-5m、径約15cmになる。<br>
幹は直立し高さ4-5m、径約15cmになる。[[樹皮]]は灰褐色で滑らかだが皮目が目立つ。若枝は灰緑色。花期は3-4月頃で葉の展開に先立って花が開き、[[雌雄同株]]、雌雄異花。[[雄花]]はカバノキ科の他の仲間と同様に尾状[[花序]]を開花時に下垂する。雄花序の冬芽はハシバミのように枝先につかずに枝の途中につく。[[雌花]]は数個の花が頭状に集まり、芽鱗に包まれたまま開花して赤い柱頭が目立つ。
[[樹皮]]は灰褐色で滑らかだが皮目が目立つ。若枝は灰緑色。<br>
 
幹は直立し高さ4-5m、径約15cmになる。[[樹皮]]は灰褐色で滑らかだが皮目が目立つ。若枝は灰緑色。花期は3-4月頃で葉の展開に先立って花が開き、[[雌雄同株]]、雌雄異花。[[雄花]]はカバノキ科の他の仲間と同様に尾状[[花序]]を開花時に下垂する。雄花序の冬芽はハシバミのように枝先につかずに枝の途中につく。[[雌花]]は雄花の上に数個の花が頭状に集まり、芽鱗に包まれたまま開花して赤い柱頭が目立つ。<br>
[[葉]]は互生し、[[葉柄]]は0.5-1cm、[[葉身]]は卵型または倒卵型で長さ5-11cm・幅3-7cm、基部は円形で先端は尖り、縁は欠刻のある細かい二重鋸歯がある。葉面は表が淡緑色で裏が緑色、時として赤紫色の斑ができる。葉脈が葉の裏面に盛り上がる。葉柄や葉脈上に斜上毛が生える。[[果実]]は9月から10月に熟し、1-4個が集まって付く。果実は[[堅果]]で長さ1-1.5cmの円錐形。果実を包む筒状の[[総苞]]は緑色で外面に刺毛を密生し、くちばし状に長く伸びた独特の形であることからツノハシバミの和名がついた。<br>
[[果実]]は9月から10月に熟し、1-4個が集まって付く。果実は[[堅果]]で長さ1-1.5cmの円錐形。果実を包む筒状の[[総苞]]は緑色で外面に刺毛を密生し、くちばし状に長く伸びた独特の形であることからツノハシバミの和名がついた。
 
==分布と生育環境==
匿名利用者

案内メニュー