「リンダラハ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
{{ウィキポータルリンク|クラシック音楽}}
'''リンダラハ'''(Lindaraja)は、[[クロード・ドビュッシー]]が作曲した[[ピアノ二重奏|2台のピアノ]]のための作品である。同時期にピアノ独奏曲集[[ピアノのために]]などが作曲されている。
 
==概要==
ドビュッシーは2台のピアノのための作品として、リンダラハ[[白と黒で]]の2曲を残しているが、後者は作曲家の晩年に作曲されたものである。
 
リンダラハは[[1901年]]の[[4月]]頃に作曲された。作曲の動機については不明な点がある。リンダラハという曲名は、[[スペイン語]]で「美しい人」を意味し、[[グラナダ]]の[[アルハンブラ宮殿]]に住んでいた[[ムーア人]]の女性の名前([[ワシントン・アーヴィング]]『[[アルハンブラ物語]]』)<ref>松橋 p80</ref>、または前述の女性にちなんだ同宮殿の中庭の名前<ref>ルシュール p201</ref>に由来するとされている。
 
リンダラハの楽譜は他の楽譜に紛れたまましまい込まれ、ドビュッシーの生前に公表されることはなかった。作曲者の死後の[[1926年]]に出版され、同年の[[10月]]に[[マルグリット・ロン]]と[[ジャン・ロジェ=デュカス|ロジェ=デュカス]]によって初演された。なお自筆譜はかつて紛失していたが、[[1995年]]になって再発見された。
 
==特徴==
作品の中間部以降の嬰ハ音による[[ハバネラ]]のリズムや、2台のピアノの使用という点から、[[モーリス・ラヴェル|ラヴェル]]の[[耳で聞く風景]]》中1曲「ハバネラ」(後に管弦楽に編曲され、[[スペイン狂詩曲 (ラヴェル)|スペイン狂詩曲]]第3曲に編入)との類似が指摘される<ref>松橋 p81</ref>。
 
== 脚注 ==

案内メニュー