「チャクラム」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m (カテゴライズ)
m
[[画像:Sikhs with chakrams.jpg|220px|thumb|チャクラムを持つ[[シク教]]徒(1844年画)]]
[[画像:Chakram.jpg|thumb|100px|チャクラム]]
'''チャクラム'''(チャクラ)は、古代[[インド]]で用いられた[[投擲]][[武器]]の一種。日本では'''戦輪'''、'''飛輪'''や、'''円月輪'''とも呼ばれ[[忍者]]が使用した。[[中国]]の格闘用武器の一種では'''[[圈]]'''。真ん中に穴のあいた金属製の円盤の外側に刃が付けられており、その直径は12-30cm程。投擲武器としては珍しく斬ることを目的としている。
 
投げ方は二通りあり、円盤の中央に指をいれて回しながら投擲する方法と、円盤を指で挟み投擲する方法がある。
28

回編集

案内メニュー