「煮込み」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[ファイル:John William Waterhouse - Magic Circle.JPG|300px|right|thumb|煮込みをする図]]
'''煮込み'''、'''煮込み料理''' とは[[煮汁]]を十分に入れて'''長[[時間]][[弱火]]で[[煮物|煮る]]'''[[調理法|料理法]]とその[[料理]]<ref>{{cite web |url=http://kotobank.jp/word/%E7%85%AE%E8%BE%BC%E3%81%BF |title=煮込み |work=コトバンク |publisher=[[朝日新聞]] |year=n.d. |accessdate=2013-8-17}}</ref>。[[英語]]では[[シチュー]] (stew) (stew)とひとくくりに表現されるが、[[フランス]][[イタリア]]では煮込みの手法、鍋の種類、材料により異なる表現をされる<ref name="jiten2007_p272">{{harvnb|宇田川|遠藤|加藤|橋村|2007|p=272}}</ref><ref name="jiten2007_p446">{{harvnb|宇田川|遠藤|加藤|橋村|2007|p=446}}</ref>。
 
[[核家族]]化や専業主婦の減少が見られる地域においては、1日中火のついた[[暖炉]]や[[囲炉裏]]がなくなり、家庭で煮込み料理が作られることは減少し、専門の[[レストラン]]で煮込み料理を味わうケースが多い<ref name="jiten2007_p446" />。[[圧力鍋]]を使用して短時間で調理する方法もあるが、弱火でじっくり煮込んだ料理とは仕上がりが大きく異なるといわれる<ref name="jiten2007_p446" />。
 
調理用の鍋としては煮崩れにくい、蒸発量が少ない、温度が均一に伝わる、といった条件を満たすものが好ましい。すなわち熱伝導率が高く、形状は厚手の鍋がよいとされる<ref name="Tatsuguchi_pp164-165">{{harvnb|辰口|渋川|2000|pp=164-165}}</ref>。

案内メニュー