「エリザベス・ムーア」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (ボットによる:Template:ITHFのID除去依頼)
{{テニス選手
|選手名(日本語)=エリザベス・ムーア
|写真=Moore 2162906635 5b2a6b4be8 o.jpg
|写真=
|写真サイズ=240px
|写真のコメント=エリザベス・ムーア
|選手名(英語)=Elisabeth Moore
|フルネーム(英語名)=Elisabeth Holmes Moore
|利き手=右
|バックハンド=
|殿堂入り=1971年
|デビュー年=
|引退年=
'''エリザベス・ムーア'''('''Elisabeth Moore''', [[1876年]][[3月5日]] - [[1959年]][[1月22日]])は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[ニューヨーク]]市[[ブルックリン区|ブルックリン]]出身の女子[[テニス]]選手。[[19世紀]]の終わりから[[20世紀]]初頭の時期、全米選手権(現在の[[全米オープン (テニス)|全米オープン]])で女子部門の黎明期に活躍した選手のひとりである。ムーアは全米選手権の女子シングルスで4勝、女子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝を挙げ、通算「8勝」を記録した。フルネームは ''Elisabeth Holmes Moore'' (エリザベス・ホームズ・ムーア)というが、愛称の「ベシー・ムーア」(Bessie Moore)の名前で呼ばれることも多かった。右利きの選手。
 
== 来歴 ==
エリザベス・ムーアは[[1892年全米テニス選手権|1892年]]、16歳の時に[[全米オープン (テニス)|全米選手権]]の女子シングルスと混合ダブルスの2部門で初めて決勝に進出した。最初期の時代は、男子シングルス・男子ダブルス・女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの5部門がそれぞれ個別の名称を持ち、大会会場も別々のテニスクラブで開かれていた。女子シングルスは[[1887年全米テニス選手権|1887年]]に「全米女子シングルス選手権」(U.S. Women's National Singles Championship)という名前で始まり、女子ダブルスは[[1889年全米テニス選手権|1889年]]から「全米女子ダブルス選手権」(U.S. Women's National Doubles Championship)、混合ダブルスは[[1892年全米テニス選手権|1892年]]から「全米混合ダブルス選手権」(U.S. Mixed Doubles Championship)という名称で公式競技に加えられた。ムーアは女子シングルスの第6回大会と、混合ダブルスの第1回大会で決勝に進んだが、この時はどちらも準優勝に終わった。初期の全米女子シングルス選手権では、[[1891年全米テニス選手権|1891年]]から決勝戦が最大5セット・マッチで行われるようになり、ムーアは初めての決勝戦で[[マーベル・カーヒル]]([[アイルランド]])に 7-5, 3-6, 4-6, 6-4, 2-6 の5セット・マッチで敗れた。16歳6ヶ月での女子シングルス決勝進出は、[[1978年]]の[[1978年全米オープンテニス|全米オープン]]で[[パム・シュライバー]]が「16歳2ヶ月」で準優勝するまで、86年間全米女子の最年少決勝進出記録であった。
 

案内メニュー