「ドースト・ムハンマド・ハーン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[ドゥッラーニー部族連合]]バーラクザイ部族{{enlink|Barakzai}}出身。部族長であり、[[カーブル]]の州知事であった[[ムハンマド・アズィーム]](別名ファトフ・ハーン。1778年 - 1818年)の弟<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)pp.325-326</ref>。
 
バーラクザイ部族は、当時のアフガニスタンの王(シャー)を出したサドーザイ部族の分族である。サドーザイ朝(狭義の[[ドゥッラーニー朝]])は部族的支配の国家であり、王は同輩中の第一人者という位置づけであって専制的な支配者ではなく、国土を王族が[[ペシャル]]、[[カシミール]]、[[カンダハール]]、[[カーブル]]の諸州に分割して統治していた<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.325</ref>。バーラクザイ部族はサドーザイ朝で宰相(ワズィール)を出す部族であって、サドーザイ朝が内乱状態になる中で勢力を拡張していた<ref name="britanica_barakzai">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/バーラクザーイー朝-116560|title=バーラクザーイー|work=ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典([[コトバンク]]所収)|accessdate=2017-05-27}}</ref>。
 
1818年、バーラクザイ部族の勢力拡張を嫌ったカームラーン王子{{enlink|Shahzada Kamran Durrani}}が、部族長であったムハンマド・アズィームを殺害すると<ref name="toritani_2008-137">登利谷正人「コラム 19世紀アフガニスタンの対周辺国関係」、『アフガニスタンと周辺国-6年間の経験と復興への展望』(日本貿易振興機構アジア経済研究所、2008年)、p.137</ref>、バーラクザイ部族は各地で反乱をおこした<ref name="toritani_2008-137" />。ドースト・ムハンマドも、カシミールから進撃してペシャルとカーブルを陥落させている<ref name="britanica_dust">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89-105225|title=ドースト・ムハンマド|work=ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典([[コトバンク]]所収)|accessdate=2017-08-09}}</ref>。サドーザイ朝は[[ヘラート]]に勢力を残すものの<ref name="britanica_dust" />、事実上崩壊した<ref name="toritani_2008-137" />。
 
=== 建国 ===
サドーザイ部族は、1826年に国土を分割<ref name="britanica_dust" />。このとき、ドースト・ムハンマドは[[カーブル]]を掌握し<ref name="senrei-afghan_gaiyou" />(このほか、[[ガズニー]][[ジャラーラーバード]]も得た<ref name="britanica_dust" />)、[[ハーン]]を称して家を建てた。彼の兄コハンデル・ハーンカンダハールを本拠とし<ref name="toritani_2008-137" />、カームラーン王子と宰相ヤール・ムハンマド・ハーンのサドーザイ朝残存勢力が[[ヘラート]]を本拠として<ref name="toritani_2008-137" />、アフガニスタンに鼎立する状態がその後しばらく続いた<ref name="senrei-afghan_gaiyou">{{cite web|url=http://www.aa.tufs.ac.jp/afghan/gaiyou_about_afgan.html|title=概要 アフガニスタンについて|work=[http://www.aa.tufs.ac.jp/afghan/ 鮮麗なる阿富汗 一八四八~石版画にみるアフガニスタンの風俗と習慣]|publisher=[[東京外国語大学]]アジア・アフリカ言語文化研究所|date=2007|accessdate=2017-5-27}}</ref>。
 
1835年から、ドースト・ムハンマドは[[アミール]]を称した。なお、サドーザイ朝の王は「[[シャー]]」というイラン的な称号を名乗っており<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.326</ref>、「[[アミール]]」というイスラム的な呼称は、シーク教徒やインドのイギリス人に対する宗教意識の現われと見なされている<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.326</ref>。
 
=== 第一次アフガン戦争 ===
イギリスは、ロシアに対抗するためにアフガニスタン国内への軍の進駐を要求したが、ドースト・ムハンマドは、これに対してペシャーワルの回復という対価を要求した。アフガニスタンの強化を望まないイギリスは、旧王家サドザイの[[シュジャー・シャー]]と手を結ぶことを選び、1838年、アフガニスタンに対し宣戦を布告した([[第一次アフガン戦争]])。
 
アフガニスタンに侵攻したイギリス軍は、1839年8月、カーブルを占領。ドースト・ムハンマドはイギリスに捕らえられ<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" />、シュジャー・シャーがイギリスの後援の下でアフガニスタンの国王に就けられた<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.328</ref>。しかし、イギリスはカーブルと[[ジャラバード]]といった点を支配しているに過ぎず<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.328</ref>、傀儡君主であるシュジャー・ハーンにも信望はなかった<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.328</ref>(王国の実権を握っていたのは、ドースト・ムハンマドの長男で、シュジャー・ハーンの宰相を務めていた{{仮リンク|アクバル・ハーン|en|Wazir Akbar Khan}}であった<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)pp.328-329</ref>)。各地で侵略軍に対する反乱が勃発した。ドースト・ムハンマドはこの機に乗じて脱出するも、結局イギリスに降伏し、インドに追放されている<ref name="britanica_dust" />。
 
1842年にイギリス軍が撤退、シュジャー・シャーが暗殺されると<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" />、イギリスは戦争の継続を断念し、ドースト・ムハンマドの帰国を認めた。

案内メニュー