コンテンツにスキップ

「方言 (プログラミング言語)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 8 件をウィキデータ上の (d:Q2458742 に転記))
m編集の要約なし
最も頻繁に見られる方言の例は、統一仕様をもった言語に対して複数の[[コンパイラ]]、[[インタプリタ]]が独自の拡張仕様を盛り込むケースである。[[BASIC]]はこの種の典型で、一応は規格が存在するのだが、言語間での互換性はほとんどないに等しい状態となった。近年では[[JavaScript]]などもブラウザ間の互換性が問題となっている。
 
逆に、特に定まった規格がなく、処理系=仕様という形態から方言が生じたケースも多い。[[LISP]]はS式表現とcar, cdr, eval, condといった基本的な語彙があればほとんど自由に機能拡張ができるため、[[Common Lisp]]が策定されるまでは無数の方言が乱立する状態にあった。現在普通に使われる処理系はCommon Lisp系、[[Scheme]]系、[[GNU Emacs]]のEmacs Lisp程度で以前よりは安定した状態にあるが、それでも実装毎の差違がかなり見られる。
 
CもLISPに近い経緯をたどった言語で、かつては処理系毎にかなりの実装差が見られた。しかしANSI C規格が出現した事で非互換性の問題はほぼ解消し、方言と呼べるような違いは初期のK&RスタイルとANSIスタイル、[[GNUコンパイラコレクション|GCC]]拡張機能の差違程度となっている。