「さめがめ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
外部リンク
m (+de:)
(外部リンク)
*縦一列の駒が消えると、その右隣の列の駒は、左に移動する。
*消せる駒がなくなった時点でゲーム終了となる。
 
 
160*64ドット(駒ひとつは32*32ドット)のビットマップデーターを駒として使用することができるため、駒データーのみを公開している作者も多数存在する。
 
==歴史==
ルールは森辺訓章(もりすけ)ルールを考案し、本人によって「月刊ASCII」に作のコンピュータゲームとしてが「月刊ASCII」投稿され1985年11月号に「CHAIN SHOT」として発表されたパズルゲームで公開された。
本人が[[1985年]][[11月]]号に「ChainShot!(もりすけ成した。[[富士通]]社製パソコンFM8用のプログラムと編集部で用意した)」「ChainShot!(小日向敏行による[[PC-9800シリーズ]]用のプログラム移植版)」同時に発表掲載された。
 
響人によるHIUXM版が初期の実装として知られる。
その後、地道な移植作業を経て[[1992年]]に福本栄治(響人)が[[UNIX]]版(HIUXM版)「SAME GAME」をフリーウェアとして公開。
その後、W.Yossyによって[[PC-9800シリーズ]]へ移植されたのを契機に、
同年12月、W.Yossyが[[PC9801]]版を公開したことを契機に、 [[草の根BBS]]を中心に日本各地に広がっていった。
 
[[1993年]]には[[Windows]]版が、[[1994年]]には[[Macintosh]]版及び[[FM-Towns]]版が公開され、[[1996年]]には「鮫亀」の名称で家庭用機にも移植された。
 
==外部リンク==
*[http://www.asahi-net.or.jp/~ky6k-mrb/index.htm インターもりすけ](ルールの考案者のページ)
*[http://www.ne.jp/asahi/ken/home/ うさちゃんのページ](漢字Talk 7.6版のソース公開)
 
[[Category:パズルゲーム|さめかめ]]
268

回編集

案内メニュー