「経 (仏教)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
 
===仏教における「スートラ」===
仏教においては、厳密には、元来「経」({{lang-sa-short|sūtra}}, スートラ、{{lang-pi-short|sutta}}, スッタ)とは、「'''[[三蔵]]'''」({{lang-pi-short|Tipitaka}}, [[ティピタカ]]、{{lang-sa-short|Tripiṭaka}}, トリピタカ)として構成される「[[仏典]]」の3分類の内の1つ、「経蔵」、「我は(釈迦から)こう聞いた」(如是我聞)で始まる「釈迦の口説」文献群の範疇を指す言葉だった。「'''[[三蔵]]'''」は以下の構成をもつ。{{See also|三蔵}}
* [[律蔵]]([[パーリ語|巴]]・[[サンスクリット|梵]]: Vinaya pitaka(ヴィナヤ・ピタカ)) --- [[僧伽]](僧団)規則・道徳・生活様相などをまとめたもの
* [[経蔵]]({{lang-pi-short|Sutta pitaka(スッタ・ピタカ)}}、[[サンスクリット{{lang-sa-short|梵]]:Sūtra pitaka}}(スートラ・ピタカ)) --- [[釈迦]]の説いたとされる教えをまとめたもの
* [[論蔵]]({{lang-pi-short|Abhidhamma pitaka(アビダンマ・ピタカ)}}、[[サンスクリット|梵]]: Abhidharm pitaka(アビダルマ・ピタカ)) --- 上記の注釈、解釈などを集めたもの
という「'''[[三蔵]]'''」({{lang-pi-short|Tipitaka}}, [[ティピタカ]]、{{lang-sa-short|Tripiṭaka}}, トリピタカ)として構成される「[[仏典]]」の3分類の内の1つ、「我は(釈迦から)こう聞いた」(如是我聞)で始まる「釈迦の口説」文献群の範疇を指す言葉だった。
 
===北伝仏教・漢字文化圏における「経」「経典」===

案内メニュー