「ビターズ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
加筆、参考画像・脚注節を追加。
(加筆、参考画像・脚注節を追加。)
[[File:Angostura aromatic bitters dD.jpg|thumb|right|220px|Angostura aromatic bitters]]
'''ビターズ''' (bitters) は、[[薬草]]・[[香草]]・[[樹皮]]・[[香辛料]]・[[精油]]など数種類を酒に付け込んで作成する、苦味の強い[[アルコール飲料]]。苦味酒・苦味剤ともよばれる。昔は[[胃薬]]などとして使われていたが、現在では主に[[カクテル]]に苦味をつけたり、香りや色を良くしたりする目的で使用される。
 
[[イギリス]]の有名な[[エール (ビール)|エール]]の1種、「[[ビター (ビール)|ビター]]」とはまったく別のものである。
 
=== アンゴスチュラ・ビターズ ===
アンゴスチュラ・ビターズ (Angostura bitters) は、1824年にドイツ人[[医師]]、Dr. J.G.B.Siegertヨハン・ゴッドリーブ・ベニヤミン・ジーゲルトが[[ベネズエラ]]の町「アンゴスチュラ」(現[[シウダ・ボリバル]])滞在中に考案したビターズ。リンドウやハ<ref name="Laszlo">ピエブ、ル・ラパイスから作られた苦味酒であり、現在ロー『柑橘類レシピにアンゴスチュラ([[ミカン科]]文化誌:歴史と人樹木)の樹皮は含まれていない(ラベルに"Does関わり』寺町朋子訳 notオーム社 contain2010年 AngosturaISBN Bark"の記述がある9784903532608 pp.224-226.</ref>
当初は強壮剤として作られ、現在もラベルに健康に及ぼす効果が謳われている。ジーゲルトはアンゴスチュラ・ビターズに「アマルゴ・アロマティコ」と名付け、イギリスに輸出し好評を得た。その後の政情不安によりベネズエラから[[トリニダード島]]の[[ポートオブスペイン]]に拠点を移し、生産が続けられている<ref name="Laszlo"/>。
 
リンドウやハーブ、スパイスから作られた苦味酒であり、現在のレシピにアンゴスチュラ([[ミカン科]]の樹木)の樹皮は含まれていない(ラベルに"Does not contain Angostura Bark"の記述がある。)
 
[[マンハッタン (カクテル)|マンハッタン]]や[[ピンク・ジン]]をはじめ、多くのカクテルに使用される。[[バー (酒場)|バー]]には、必ず置いておくべき酒としても有名。
=== オレンジ・ビターズ ===
オレンジ・ビターズ (orange bitters) は、[[オレンジ]]の皮を原料とするビターズ。アンゴスチュラ・ビターズに比べ、使用されることは少ない。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==

案内メニュー