「上京会寧府」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
読み修正
(読み修正)
[[ファイル:Huiningfu plan.jpg|サムネイル|右]]
'''上京会寧府'''(じょうきょうけい-かいねい-ふ)は[[金 (王朝)|金朝]]が設置した府。
 
金朝が成立すると間もなく[[上京路]]の下部に[[会寧県]](現在の[[黒竜江省]][[ハルビン市]][[阿城区]]南白城)に'''会寧州'''が設置され金朝の都城と定められた。当時の管轄区域は[[松花江]]、[[牡丹江]]、[[長白山]]を結ぶ地域とされた。[[呉乞買|太宗]]の時代に'''会寧府'''と改められ、更に[[1138年]]([[天眷]]元年)に'''上京会寧府'''とされた。
{{金朝の行政区分}}
 
{{DEFAULTSORT:しようきようけいかいねいふ}}
[[Category:金朝]]
[[Category:かつて存在した中国の府]]

案内メニュー