「玉虫色」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
また見る角度によって異なる色合いに見えることから、見方によってどのようにも解釈できるあいまいな(都合の良い)表現として、「玉虫色の〜」という<ref>新明解国語辞典、第4版第10刷、p.793、1992年3月20日、三省堂</ref>。
 
[[画像:Chrysochroa fulgidissima by OpenCage.jpg|200px|thumb|[[ヤマトタマムシ]]]]
 
== 色ではない色 ==
126

回編集

案内メニュー