「赤根谷飛雄太郎」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (Bot: WP:BOTREQ#Infobox内の空のnowikiタグの除去: Infobox baseball, <nowiki></nowiki> → Removed)
|プロ入り年度 = 1948年
|ドラフト順位 =
|初出場 = 1948年6月4日
|最終出場 = 1949年8月15日
|経歴 =
* 旧制[[秋田市立秋田商業高等学校|秋田市商業学校]]
 
== 来歴・人物 ==
[[秋田市立秋田商業高等学校|秋田商業]]を経て、[[法政大学]]に進学すると、[[東京六大学野球]]で活躍を見せる。その後、社会人野球の秋田コンマーシャルクラブ、[[帝国石油]]を経て、{{by|1948年}}に[[北海道日本ハムファイターズ|急映フライヤーズ]]に32歳という新人選手としては高齢で入団するも、わずか2年で引退する通算成績1年目22二軍の「[[北海道日本ハムファイターズ (ファーム)|急映チックフライヤーズ]]」の監督を兼任しながら一軍で12試合に登板し2勝6敗を挙げる。2年目は未勝利に終わり、この年限りで引退。プロ野球史上、最も漢字名の長い(7文字)選手として知られる。
 
[[日本プロ野球|プロ野球]]引退後、[[高校野球]]指導者として名を馳せる。
|}
* 急映(急映フライヤーズ)は、1949年に東急(東急フライヤーズ)に球団名を変更
 
=== 記録 ===
* 初登板:1948年6月4日、対[[阪神タイガース|大阪タイガース]]7回戦([[後楽園球場]])、7回表無死から3番手で救援登板・完了、3回無失点
* 初先発登板:1948年8月10日、対[[中日ドラゴンズ]]11回戦([[阪急西宮球場]])、8回1/3を5失点(自責点4)で敗戦投手
* 初勝利・初先発勝利:1948年9月21日、対[[福岡ソフトバンクホークス|南海ホークス]]19回戦(後楽園球場)、8回2失点
* 初完投勝利:1948年9月28日、対[[大映ユニオンズ|金星スターズ]]16回戦(後楽園球場)、9回1失点
 
=== 背番号 ===
匿名利用者

案内メニュー