「インドの医療」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
===病気===
デング熱や肝炎、結核、マラリア、狂犬病がなどが多いが、さまざまな対策はとっており、マラリアの場合、2015年には現在の水準から50-75%程度減少する見通しである。<ref>{http://indonews.jp/2012/12/1575-1.html</ref>インドのHIV感染率は世界で第74位である。<ref>{{http://www.globalnote.jp/post-3919.html}}</ref>。下痢は幼少期の主な死因である<ref>{{cite web |url=http://www.prajnopaya.org/index.php/resources/68-article-life-expectancy-and-mortality-in-india | title= Life Expectancy and Mortality in India | accessdate=2011-09-20 | work=Source: The Prajnopaya Foundation | quote= }}</ref>。
 
===安全な飲料水===
スラムに住む人々で安全な飲料水を手に入れられるのはほんの26%である。<ref>http://blog.sangamindia.org/2009/07/initiatives-hygiene-and-sanitation</ref>水源の周囲の環境の不十分な整備や地下水の汚染、飲料水へのヒ素やフッ化物の混入はインドの健康に大きな影響を及ぼしている。
 
 
 
==医療保障制度==

案内メニュー