「新しいエルサレム」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
* [[ピラミッド]] - [[ジッグラト]] - [[エ・テメン・アン・キ]] - [[バベルの塔]] - [[新世界秩序]] - [[ヒエラルキー|ピラミッド型組織]] - [[ベンベン]] - [[方舟]]
 
{{Quotation|
{{Quotation|「この都は四角い形で、長さと幅が同じであった。天使が物差しで都を測ると、一万二千スタディオンあった。長さも幅も高さも同じである。」''}}
''}}
 
ユダヤ教の伝統では至聖所は立方体であるし、キリスト教の伝統では教会は「山」と呼ばれる。記述からすると、聖なる都=新しいエルサレムは、縦横高さが等しい立方体とも、底面の縦横と高さが等しい[[四角錐]]とも、解釈できる。

案内メニュー