コンテンツにスキップ

「ノート:ケプラー (探査機)」の版間の差分

**NASAのサイトを見ていても、Kepler spacecraftと最初に紹介してその後は、The Kepler Missionか、単にKeplerとしているのようです。結果・成果も含めてたすべてのことに対してThe Kepler Missionを使用し、宇宙機そのものをKeplerと呼んでいるようです。他の有名な宇宙機について見てみると、Voyagerも同じような書き方です。検索で引っかかってきた論文[http://www.asj.or.jp/geppou/archive_open/2012_105_01/105_7.pdf]では、「ケプラー計画」となっていました。手持ちの数冊の系外惑星の本では、「ケプラー宇宙望遠鏡」としているのが多かったですが、問題外の「ケプラー衛星」としていたものも1冊ありました。ここまで来ると、日本語の定訳が現時点ではないと思われます。"spacecraft"の日本語訳が「宇宙機」であることは、定義されている文書もあるので納得しています。このような決め方がルールに外れるのも承知の上でとなりますが、用例数が比較的多く、誤解も少ないと思われる「ケプラー宇宙望遠鏡」としておき、将来的に出版されるであろう天文学・宇宙開発の辞典に掲載を見つけた時に再度議論する形を提案します。--[[利用者:数也|数也]]([[利用者‐会話:数也|会話]]) 2017年2月7日 (火) 11:23 (UTC)
***上記の[[利用者:数也|数也]]さんの意見に{{賛成}}です。--[[利用者:Koki0118|Koki0118]]([[利用者‐会話:Koki0118|会話]]) 2017年2月8日 (水) 09:15 (UTC)
**** コメントいただきありがとうございます。ただ、上記に示した通り、ケプラーは宇宙望遠鏡では'''ない'''のです。私も現在の日本語版記事や他の日本語文献に惑わされていたのですが、ケプラー自体は光度計を積んだ機体であり、ハッブルやスピッツァー、ジェームズ・ウェッブとは用途が異なり、名称も一線を画されてます。NASA自身が "Space Telescope" と呼んでいないものへの記事のタイトルを、実態とかけ離れた「宇宙望遠鏡」とすることは、'''Wikipediaによる誤謬の拡散'''に繋がり、絶対に避けなければならない事態であると考えます。以上の理由により、お二人の「ケプラー宇宙望遠鏡とする」というご意見には強く反対させていただきます。
:::: 「日本語でそのように使われる事例が複数あるから」ということであれば、本文に「ケプラー宇宙望遠鏡と呼ばれることもあるが、」と但し書きの上、ハッブルやスピッツァー、ジェームズ・ウェッブとは用途が全く異なることを明記することで対応すべきかと存じます。(現在もその旨の文章がありますが、「ケプラー望遠鏡~」という書き方がまた誤解を招くので、ここも編集の必要がありますね)
:::: なお、先だって[[利用者:数也|数也]]さんに挙げていただいた「[[ハーシェル宇宙望遠鏡]]」もこれまた問題のあるタイトルですね。先任の "Infrared Space Observatory" に対しては「[[赤外線宇宙天文台]]」と正しく訳されたタイトルが付けられているのに、 "Herschel Space Observatory" には「ハーシェル宇宙望遠鏡」ですから、、、話が拡散しますので、これは別途該当ページにて改名を提案したいと存じます。--[[利用者:Kovayashi|Kovayashi]]([[利用者‐会話:Kovayashi|会話]]) 2017年2月8日 (水) 23:25 (UTC)