「エクリチュール」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
しかし、エクリチュールは思想家の数だけ、その言葉の意義が存在すると言っても過言ではない。例えば[[ジャック・デリダ]]においては西欧社会の[[パロール]]本位主義に対するアンチテーゼのシステムとして(「[[脱構築]]」を参照)、[[モーリス・ブランショ]]においては本質的に死を含む言語活動として、また[[ロラン・バルト]]においては快楽の知的媒介として。エクリチュールは話し言葉に対して、書き言葉の特質に注目したさいに用いられるタームなのである。
 
[[音楽]]用語としては、[[作曲]]に用いられる[[和声]]や[[対位法]]、[[管弦楽法]]、[[楽式]]などの書法上の技術をまとめてエクリチュールと呼ぶ。日本では[[東京藝術大学]]で教えた[[池内友次郎]]の影響により特にこのフランス語が定着している。
 
[[Category:言語学|えくりちゆる]]
2,813

回編集

案内メニュー