「隣の八重ちゃん」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (廃止されたテンプレートの置換 BOTREQによる)
}}
 
『'''隣の八重ちゃん'''』(となりのやえちゃん)は、[[1934年]](昭和9年)公開の[[島津保次郎]]監督による[[日本映画]]。[[松竹]]の[[トーキー]]初期の映画。東京郊外に住む中産階級の2家族の交流を描いた作品で、蒲田調と呼ばれた小市民映画(庶民の日常を描いた作品群で昭和初期に流行)のひとつ<ref>[https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E5%B8%82%E6%B0%91%E6%98%A0%E7%94%BB-79295 小市民映画]世界大百科事典</ref>。[[ホームドラマ]]の元祖的作品とも言われる<ref>『〈家族〉イメ-ジの誕生: 日本映画にみる〈ホームドラマ〉の形成』坂本佳鶴惠、新曜社, 1997、p118</ref>
 
== ストーリー ==
[[Category:日本のドラマ映画]]
[[Category:島津保次郎の監督映画]]
== 脚注 ==

案内メニュー