「マリー・アントワネット」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
== 年譜 ==
*1755年11月2日、誕生。
*:幼少より自由奔放に成長したマリア・アントーニアは、[[イタリア語]]やダンス、作曲家クリストフ・ヴィリバルト・グルックのもとで身につけた[[ハープ]]や[[チェンバロ|クラヴサン]]などの演奏を得意とした。
オーストリアとフランスの同盟関係を深めるため母マリア・テレジアによりルイ・オーギュスト(のちのルイ16世)との政略結婚を画策。
*[[1763年]]5月、結婚の使節としてメルシー伯爵が大使としてフランスに派遣されたがはかばかしくは進まず、結婚反対者であったルイの父母(すなわち王太子夫妻)が[[1765年]]に死亡。
*[[1769年]]6月、ようやく[[ルイ15世 (フランス王)|ルイ15世]]からマリア・テレジアへ婚約文書が送られた。
このときマリアはまだ[[フランス語]]が修得できていなかったので、オルレアン司教であるヴェルモン神父について本格的に学習を開始することとなった。
*[[1770年]][[5月16日]]、14歳のとき[[ヴェルサイユ宮殿]]にて王太子ルイと[[結婚式]]が挙行され、王太子妃マリー・アントワネットとなった。このとき「マリー・アントワネットの讃歌」が作られ、盛大に祝福が行われた。しかしながら趣味・気質などの不一致や、ルイの性的不能もあって(後日、その治療を受けるまで子どもは生まれなかった)、夫婦仲は思わしくなかった。彼女はその寂しさを紛らわすため奢侈に没頭していたという説があり、夜ごと仮面舞踏会で踊り明かしたという。また賭博にも熱中したといわれ、この金銭感覚は文化王でもあった父譲りだが、賭博に関しては子どもが生まれるとピッタリと止めている
*:このとき「マリー・アントワネットの讃歌」が作られ、盛大に祝福が行われた。しかしながら趣味・気質などの不一致や、ルイの性的不能もあって(後日、その治療を受けるまで子どもは生まれなかった)、夫婦仲は思わしくなかった。彼女はその寂しさを紛らわすため奢侈に没頭していたという説があり、夜ごと仮面舞踏会で踊り明かしたという。
*:また賭博にも熱中したといわれ、この金銭感覚は文化王でもあった父譲りだが、賭博に関しては子どもが生まれるとピッタリと止めている。
*1778年12月19日長女[[マリー・テレーズ]]誕生。他に夭折した王女ソフィー(1歳未満で死亡)、長男ルイ・ジョゼフ(7歳で死亡)がいる
*[[1785年]]次男[[ルイ17世 (フランス王)|ルイ・シャルル]]誕生。
 
彼女は大変に移り気かつ享楽的な性格で、読書も嫌いであったという。母のマリア・テレジアは娘の身を案じ、度々手紙を送って諌めたが効果は無かったようで、手紙は読まずに破り捨てられていたという説もある。また、アントワネットと[[スウェーデン]]貴族[[ハンス・アクセル・フォン・フェルセン]][[伯爵]]との[[恋]]は、フランス宮廷では専らの噂となるほどであり、一方彼女は大貴族達を無視し[[ポリニャック伯夫人]]などの、自分のお気に入りの少数の貴族達のみを極端に偏愛した。
 
*1785年アントワネットの名を騙った、ブルボン王朝末期を象徴する[[スキャンダル]]である[[首飾り事件]]が発生、1786年3月に判決など、彼女に関する騒動は絶えなかった。地味な人物である夫のルイ16世を見下している所もあったという。ただしこれは彼女だけではなく大勢の貴族達の間にもそのような傾向は見られたらしい。一方、彼女の寵に加われなかった貴族達はマリー・アントワネットとその寵臣をこぞって非難した。ヴェルサイユ以外の場所、特に[[パリ]]ではこれらの[[中傷]]がひどかったという。多くは[[流言飛語]]の類だったが、結果的にこれらの中傷がパリの民衆の憎悪をかき立てることとなった
*:一方、彼女の寵に加われなかった貴族達はマリー・アントワネットとその寵臣をこぞって非難した。ヴェルサイユ以外の場所、特に[[パリ]]ではこれらの[[中傷]]がひどかったという。多くは[[流言飛語]]の類だったが、結果的にこれらの中傷がパリの民衆の憎悪をかき立てることとなった。
 
*[[1789年]]、新たな徴税を試みるが、民衆の負担は既に限界に達しており、[[貴族]]からも強い反発を受けた。
**1789年7月14日民衆の不満は爆発し、バスチーユ牢獄を襲撃[[フランス革命]]が引き起こされた。そんななか[[ポリニャック伯夫人]]は、それまでマリー・アントワネットから多大な恩恵を受けていたにも関わらず、彼女を真っ先に見捨てオーストリアに[[亡命]]した。マリー・アントワネットに最後まで誠実だったのは、義妹のエリザベート内親王と[[ランバル公妃]]だけであった。[[ヴェルサイユ宮殿]]から[[テュイルリー宮殿]]に国王夫妻は身柄を移されたが、そこでアントワネットはフェルセンの力を借り、フランスを脱走し兄に助けを求めようと計画。
*1791年6月20日[[ヴァレンヌ事件]]により逃亡を図るも失敗、6月25日に連れ戻される。この事件により、親国王派の国民からも見離される。
*:この事件により、親国王派の国民からも見離される。
**[[8月10日事件]]でルイ16世・マリー・テレーズ・ルイ・シャルル(後のルイ17世)・エリザベート内親王は、チュイルリー宮殿から[[タンプル塔]]に幽閉される。
*[[1793年]]1月夫ルイ16世に革命裁判で[[死刑]]判決が下され、高名な「死刑執行人」[[シャルル・アンリ・サンソン]]により[[ギロチン]]で[[斬首刑]]にされた。息子である王位継承予定者のルイ・シャルルは[[ジャコバン派]]の靴屋にひきとられ、ぞんざいな扱いを受けたという。その後コンシェルジュリー牢獄に移されたマリー・アントワネットに対する裁判も行われたが、その結果は初めから決まっていた。結局同年[[10月15日]]革命裁判所で死刑の判決を受け、翌[[10月16日]]夫の後を追ってギロチンで斬首刑にされた。
*:息子である王位継承予定者のルイ・シャルルは[[ジャコバン派]]の靴屋にひきとられ、ぞんざいな扱いを受けたという。その後コンシェルジュリー牢獄に移されたマリー・アントワネットに対する裁判も行われたが、その結果は初めから決まっていた。
*:結局同年[[10月15日]]革命裁判所で死刑の判決を受け、翌[[10月16日]]夫の後を追ってギロチンで斬首刑にされた。
 
ルイ16世の死刑裁判までは、幽閉生活とはいえ家族でチェスを楽しんだり、子供の勉強を見るなど、つかの間の家族団らんの時があった。10皿以上の夕食、30人のお針子を雇うなど待遇は決して悪くなかった。
 
斬首刑当日、アントワネットは特別な囚人として肥桶の荷車で[[ギロチン]]へと引き立てられて行った。コンシェルジュリーを出たときから、髪を短く刈り取られ両手を後ろ手に縛られていた。その最期の言葉は、兵士の足を踏んでしまった時に発した「ごめんなさい・……わざとではありませんのよ」であったと伝えられる
*:その最期の言葉は、兵士の足を踏んでしまった時に発した「ごめんなさい・……わざとではありませんのよ」であったと伝えられる。
 
また、国民のアントワネットヘの憎悪の激しさは、彼女の友人であり、最後まで国王夫妻の側に立ち続けたランバル公妃の惨殺事件にも表れている。
匿名利用者

案内メニュー