「カルロス・スリム」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
| footnotes =
}}
'''カルロス・スリム・エルー'''<ref>エルーの発音は語尾にアクセントが置かれる [ˈkarlos eˈslim eˈlu] 。[[スペイン語]]や[[フランス語]]のような[[ロマンス語]]では、「H」は発音されない。</ref>(Carlos Slim Helú, [[1940年]][[1月28日]] - )は、[[メキシコ]]の実業家、[[慈善家]]。[[テルメックス]]、[[テルセル]] ([[w:Telcel|Telcel]]) 、[[アメリカ・モービル]] ([[w:América Móvil|América Móvil]]) を所有し、[[ラテンアメリカ]]の通信産業に多大な影響を持つ<ref>その経営に積極的に関与しているが、日常業務は三人の息子、カルロス・スリム・ドミット、マルコ・アントニオ・スリム・ドミット、パトリック・スリム・ドミットにまかせている。</ref>
 
[[テルメックス]]、[[テルセル]] ([[w:Telcel|Telcel]]) 、[[アメリカ・モービル]] ([[w:América Móvil|América Móvil]]) を所有し、[[ラテンアメリカ]]の通信産業に多大な影響を持つ。その経営に積極的に関与しているが、日常業務は三人の息子、カルロス・スリム・ドミット、マルコ・アントニオ・スリム・ドミット、パトリック・スリム・ドミットにまかせている。
 
== 来歴 ==
カルロス・スリムは[[1940年]]、[[メキシコシティ]]にて[[レバノン]]から移住した[[キリスト教]]マロン派([[マロン典礼カトリック教会]])信者の両親の下に生まれる<ref name="Bone">{{cite|newspaper=The Times |location=London |url=http://business.timesonline.co.uk/tol/business/entrepreneur/article7057516.ece |date=March 11, 2010 |title=Mexican mogul Carlos Slim got his big break in sell-off of national telephone firm |first=James |last=Bone |accessdate=June 17, 2011}}</ref><ref>{{cite journal |magazine=Time Magazine |location=United States |url=http://www.time.com/time/business/article/0,8599,1642286,00.html|date=July 11, 2007 |title=Carlos Slim's Embarrassment of Riches|first=Tim |last=Padgett |accessdate=June 17, 2011}}</ref>。カルロスの父フリアン・スリム・ハッダードは[[1902年]]、14歳の時にメキシコに移住した<ref name="Bone"/>。当時[[オスマン帝国]]による徴兵から逃れるため、子供を海外に移住させることは珍しいことではなく、フリアンの4人の兄も先に移住していた<ref>{{Cite web |url=http://www.carlosslim.com/biografia_ing.html |title=Biography |publisher=Carlos Slim Helú |accessdate=February 19, 2011}}{{verify credibility|date=April 2011}}</ref>。少年期より数字への興味が強く、わずか12歳で株式投資を始める一方で、[[メキシコ自治大学]]では[[工学]]を専攻、又その傍ら[[代数学]]と[[線形計画問題]]について教鞭をとっていた。
 
== ビジネス ==
1990年、できたばかりの[[フランステレコム]]と、やがて[[AT&T]]を再編する[[地域ベル電話会社#地域電話会社の合併|サウスウェスタン・ベル]]をともない、共同出資によりテレメックスを買収した。アメリカ・モービル子会社の[[:en:Telcel|テルセル]]は、2006年11月にアメリカ大使の電報が[[ウィキリークス]]経由で漏洩して、メキシコ携帯電話市場の8割を独占していることが明らかとなった<ref>{{cite web|title=Enlistan los sectores con privilegios|url=http://wikileaks.jornada.com.mx/notas/sectores-clave-con-alto-grado-de-concentracion-del-mercado/|work=Wikileaks en LaJournada|publisher=DEMOS, Desarrollo de Medios, S.A. de C.V|accessdate=14 October 2012|language=Spanish|date=17 March 2011}}</ref>。2010年1月29日の''Empresas Cablevisión vs JP Morgan Chase Bank'' 訴訟判決では、カルロス・スリムの躍進が[[JPモルガン]]と密接な関係にあった事実が散見された<ref>[[ロイター]] [http://blogs.reuters.com/felix-salmon/2010/02/18/how-jp-morgan-treats-its-clients-scandalously-and-in-bad-faith/ How JP Morgan treats its clients: scandalously and in bad faith] 2010/2/18</ref>。2012年4月、メキシコ当局による反トラスト訴訟で1億ドルの罰金を請求された<ref>ロイター [http://www.reuters.com/article/us-mexico-slim-fine-idUSBRE83S0EV20120429 Mexico regulators to vote on $1 billion fine vs tycoon Slim] Apr 29, 2012</ref>。2014年4月23日、[[:en:Telekom Austria|テレコム・オーストリア]]を傘下に収め、ヨーロッパ進出の足がかりとした。
 
== 個人資産 ==
匿名利用者

案内メニュー