「美貌の果実」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
== ストーリー ==
[[山梨県|甲州]]で小さな独立[[ワイナリー]]を営む秋月家の母娘は途方に暮れていた。ふらっと訪れたグルメ評論家に絶賛されたせいで注文が殺到し、[[ワイン]]の発送に追われた父と兄を交通事故で一度に失ったからだ。そこへ、「恩返しをせんか」と[[行基]]の霊に叱咤された、秋月ワイナリー最古の葡萄の木に宿る葡萄の精が、この母娘を助けるために実体化した
 
同じ頃、総合酒販メーカー「リーベル社」の社長、都築貴英も商談のため秋月ワイナリーを訪れた。しかし貴英は、娘の七実が秋月家の菜苗と仲良くなったこともあり、商談そっちのけで秋月家と共にワイン作りに勤しむ日々が続く。
そこへ、「恩返しをせんか」と[[行基]]の霊に叱咤された、秋月ワイナリー最古の葡萄の木に宿る葡萄の精が、この母娘を助けるために実体化した。
 
葡萄の収穫期になり、リーベル社のライバルメーカーが商談のため秋月ワイナリーを訪れた。それは当時事業がうまくいっていなかったため、産まれたばかりの七実を置いて出て行った貴英の元妻だった。過去の傷に打ちひしがれた貴英は、もう秋月ワイナリーを訪れないと宣言する。しかし、これに反発した七実は家出のように出て行ってしまう。闇の中、迷子になった七実は崖から落ちそうになるが、精の最後の力で助けられた。探しに来た一同が見つけた七実は太い葡萄の蔓によって宙吊りになっており、その手には精が残した葡萄の種がしっかりと握られていた
同じ頃、総合酒販メーカー「リーベル社」の社長、都築貴英も商談のため秋月ワイナリーを訪れた。しかし娘の七実が秋月家の菜苗と仲良くなったこともあり、商談そっちのけでワイン作りに勤しむ日々が続く。
 
葡萄の収穫期になり、リーベル社のライバルメーカーが商談のため秋月ワイナリーを訪れた。それは当時事業がうまくいっていなかったため、産まれたばかりの七実を置いて出て行った貴英の元妻だった。過去の傷に打ちひしがれた貴英は、もう秋月ワイナリーを訪れないと宣言する。しかし、これに反発した七実は家出のように出て行ってしまう。
 
闇の中、迷子になった七実は崖から落ちそうになるが、葡萄野精の最後の力で助けられた。探しに来た一同が見つけた七実は太い葡萄の蔓によって宙吊りになっており、その手には彼が残した葡萄の種がしっかりと握られていた。
 
== 登場人物 ==

案内メニュー