「青山景通」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''青山景通'''('''あおやまかげみち'''、[[1819年]]([[文政]]2年) - [[1891年]]([[明治]]24年)[[12月11日]])は、[[幕末]]から明治の[[日本]]の[[復古神道]]。[[苗木藩]]の下級[[藩士]]。[[青山直道]]は[[長男]]、[[青山胤通]]は[[三男]]。[[江戸]]で[[平田篤胤]]の[[門人]]と為る。[[1870年]]([[明治]]3年)[[5月6日]]に行われた[[国学四大人]]の霊祭を[[荻原嚴雄]]、[[三輪田元綱]]等と共に行う。王政復古期の改革で子の直道とともに重要な役割を担った。『経済総論』の写本も行った。
 
== 生涯 ==
7,551

回編集

案内メニュー