「アレクサンドル・セローフ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[File:Serov Grave.jpg|thumb|upright||[[アレクサンドル・ネフスキー大修道院]]内チーフヴィン墓地にあるセローフの墓([[サンクトペテルブルク]])]]
{{ウィキポータルリンク|クラシック音楽}}
'''アレクサンドル・ニコライェヴィチ・セローフ'''(Александр({{lang|ru|Александр Николаевич Серов, [[英語]]:Alexander Nikolayevich Serov}}, [[1820年]][[1月23日]] - [[1871年]][[2月1日]])は[[ロシア]]の[[作曲家]]、[[音楽評論家]]。批評活動のほかにオペラを作曲し、主な作品として『ユディト』(1863年初演)、『ログネーダ』(1865年初演)、『悪魔の力』(1871年初演)がある。[[画家]]の[[ヴァレンティン・セローフ]]([[:en:Valentin Serov]])は息子である。
 
[[サンクトペテルブルク]]の法律学校で学ぶ。卒業後は法務省の[[検事]]として勤務するかたわら音楽批評を始め、1851年に官職を辞して音楽の道に専念する。ロシア大公妃[[エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)|エレナ・パヴロヴナ]]の支援を得て、サンクトペテルブルク音楽界の重鎮として活動した<ref name="ロシア音楽事典 p.189">ロシア音楽事典 p.189</ref>。
 
; オペラ『悪魔の力』
:全5幕。[[アレクサンドル・オストロフスキー (劇作家)|アレクサンドル・オストロフスキー]]([[:en:Alexander Ostrovsky]])の戯曲『望むほどには生きられぬ』に基づく。
:スコアの主要部分は1867年から1868年にかけて作曲されたものの、未完のままセローフは1871年に没した。作曲者の死後、第5幕はセローフ夫人[[ヴァレンチナ・セーロヴァ]]と[[ニコライ・ソロヴィヨフ]]([[:en:Nicolai Soloviev]])によって完成され、1871年4月マリインスキー劇場で[[エドゥアルド・ナープラヴニーク]]の[[指揮]]によって初演された。
:ロシアの[[謝肉祭]]であるマースレニツァの風俗や世俗的な描写が豊かであり、なかでも「エリョームカの歌」は[[バス (声域)|バス]]歌手[[フョードル・シャリアピン]]が得意とした<ref name="ロシア音楽事典 p.6">ロシア音楽事典 p.6</ref>。

案内メニュー