「はてしない物語」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(テンプレート)
;幸いの竜フッフール (Fuchur)
:真珠貝色の鱗を持つ、[[龍|東洋の龍]]のような姿の[[ドラゴン|竜]]。常に希望と幸福と共にあり、青銅の鐘のような声を持つ。
;群集者イグラムール (Ygramul, die Viele)
:死の山脈にある奈落の裂け目に棲む。無数の虫が文字通り群れて様々な姿をする。1時間で死ぬが、ファンタージエン国のどこでも望む所に瞬時に行けるようになる毒を持つ。
;南のお告げ所のウユララ (Uyulála)
;グモルク (Gmork)
:[[狼男|人狼]]。自分の世界を持たない者であり、ファンタージエンを破滅させようとする者に仕えていた。大いなる探索の旅に出たアトレーユを追跡する。
;さすらい山の古老 (Der Alte vom Wandernden Berge)
:ファンタージエンのありとあらゆる事柄をあかがね色の本に記録する老人。幼ごころの君と対となる存在。
;色のある死グラオーグラマーン (Graógramán, der Bunte Tod)
:色の砂漠ゴアプの王。「色のある死」とも呼ばれている
;イハ (Jicha)
:牝[[ラバ|らば]]。バスチアンのお手馬となる。走るのは遅いが乗り心地が良い。また、ある種の直感に優れている。
;勇士ヒンレック (Held Hynreck)/オグラマール姫 (Prinzessin Oglámar)
:バスチアンがファンタージエンで初めて出会った人達。姫は『すべての者を打ち負かした勇士でなければ結婚しない』という誓いを立てており、ヒンレックはその姫に恋心を抱いている。
;ヒクリオン (Hýkrion)/ヒスバルト (Hýsbald)/ヒドルン (Hýdorn)
:3人の騎士。ヒクリオンは黒い口ひげを生やした強力の持ち主、ヒスバルトは赤毛で華奢な迅速の持ち主、ヒドルンは背が高く痩せ形で粘りや持久力に長けている。バスチアンの親衛隊となる。
;銀翁ケルコバート
;イルアン
:青い魔鬼(ジン)。
;サイーデ (Xayíde)
:ファンタージエン中最も威力のある、最も性悪な女魔術師。その意思の力で黒甲冑を動かすことができる。
;予感の母ウシュトゥー/観照の父シルクリー/怜悧の息子イージプー
19

回編集

案内メニュー